著者
北村 達也 吐師 道子 能田 由紀子 川村 直子
出版者
甲南大学
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2016-04-01

本研究では,音声器官の形状や機能,基礎的な発話能力に病的な問題がないにもかかわらず,日常的に発話のしにくさを自覚する人々の実態を調査した.まず,15大学の学生約2,000名を対象にしてアンケート調査を実施し,調査対象の31%が普段の会話で発音がうまくいかないと感じていることを示した.次に,MRI装置などを用いて,発話のしにくさを自覚する人の音声器官の形状や機能に見られる特徴を調査した.さらに,ペンや割り箸などの細い棒を前歯で噛んだ状態で練習をする発話訓練法について調査し,この方法を用いることによって,下顎や舌の動きが大きくなり,1つ1つの音が明瞭に発声されるようになることを示した.

言及状況

Twitter (2 users, 8 posts, 2 favorites)

発話のしにくさの自覚に関する機能的および器質的要因の調査 https://t.co/PqpHMJKg0R “MRIによる調査では,発話のしにくさを自覚する人の一部に,軟口蓋が大きく動きが不十分なケースがある” “磁気センサシステムによる調査では…繰り返し発話における音声器官の運動にばらつきがある(安定しない)”

収集済み URL リスト