著者
植田 弘師 澄川 耕二 井上 誠 藤田 亮介 内田 仁司
出版者
長崎大学
雑誌
基盤研究(S)
巻号頁・発行日
2005 (Released:2005-04-01)

神経損傷に伴う難治性の神経因性疼痛の分子機構解明において、リゾホスファチジン酸(LPA)をめぐる治療標的分子の同定に成功した。主たる働きは知覚神経と脊髄後角におけるLPAの逆行性シグナルとしての脱髄や遺伝子発現制御とLPA合成を介する疼痛増強する機構である。脊髄内におけるLPA誘発性のミクログリア活性化、上位脳における同様なフィードフォワード機構、疼痛制御遺伝子発現のエピジェネティクス性増幅制御の存在など、新しい視点に立った創薬基礎を築いた。

言及状況

Twitter (4 users, 11 posts, 7 favorites)

←続き #線維筋痛症 植田弘師先生 脊髄内における #LPA 誘発性の #ミクログリア活性化 上位脳における同様な @aフィードフォワード機構 #疼痛制御遺伝子 発現の #エピジェネティクス性増幅制御 の存在 など、 新し… https://t.co/dK7L0hmVaJ
#神経損傷 に伴う #難治性の神経因性疼痛 の分子機構解明 植田弘師先生 #リゾホスファチジン酸( #LPA)をめぐる治療標的分子の同定に成功。主たる働きは知覚神経と脊髄後角の #LPA の逆行性シグナルとしての脱髄や遺伝子発現制… https://t.co/8TcWO3W2WD
#神経損傷 に伴う難治性の #神経因性疼痛 の分子機構解明 脊髄内における LPA 誘発性の #ミクログリア 活性化、上位脳における同様 な #フィードフォワード機構 #疼痛制御遺伝子 発現の #エピジェネティクス性増幅制御 の… https://t.co/CoFMsQVELY
#神経損傷 に伴う難治性の #神経因性疼痛 の分子機構解明において #リゾホスファチジン酸 ( #LPA )をめぐる治療標的分子の同定に成功 主たる働きは知覚神経と脊髄後角における LPA の逆行性シグナルとしての脱髄や遺伝子… https://t.co/jK2L4A0gQx

収集済み URL リスト