著者
鉾井 修一 朽津 信明 宇野 朋子 小椋 大輔
出版者
京都大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2006 (Released:2006-04-01)

東南アジアでは、多くの石造・レンガ造文化遺産が植物および微生物による被害を受けている。本研究では、遺物に及ぼす藻類の影響を検討し、藻類の成長予測モデルの提案を目的とした。具体的には、スコータイ(タイ国)の大仏を対象として、藻類の成長に及ぼす環境の影響について検討を行った。藻類の成長予測には藻自身の含水率を予測することが重要であることを明らかにするとともに、環境条件を考慮した藻類の成長モデルを提案し、その妥当性を検証した。

言及状況

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:東南アジアにおけるレンガ造遺跡の生物被害予測と建築環境工学的保存手法に関する研究(鉾井 修一) http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/18404013

収集済み URL リスト