著者
渋谷 綾子 石川 隆二 高島 晶彦
出版者
国立歴史民俗博物館
雑誌
挑戦的研究(萌芽)
巻号頁・発行日
2018-06-29

本研究では,1. 古文書の分類と製紙材料の構成物としてのデンプンなどの種類・量・密度等の対象比較による紙の質的比較解析,2. DNAによる和紙の製造手法・地域・時期の分析,3. これらの分析手法を統合した「古文書科学」という研究分野としての可能性探索,という3つを軸とする。2018年度は,資料調査と混入物の分析,現生サンプルのDNA分析による紙材料の識別実験,混入物の標準的データの抽出を試みる。混入物の分析は,(1)資料調査と紙の繊維の分析,(2)混入物の分析,(3)多角的研究,(4)文書研究の4つを柱として設定する。料紙の成分特定については,分担者(石川)とともに現生の紙や原料サンプルのDNA分析を実施し,繊維や糊などの構成物の由来材料を特定する。今年度において,分析・検討を行ったのは主に次の項目である。すなわち,東京大学史料編纂所所蔵「中院一品記」の顕微鏡撮影画像の再解析(渋谷),国立歴史民俗博物館所蔵「廣橋家旧蔵記録文書典籍類」の顕微鏡撮影画像の再解析(渋谷),「松尾大社所蔵資料」および米沢市上杉博物館所蔵「上杉家文書」の顕微鏡撮影と構成物の解析(高島・渋谷),現生の紙原料サンプル(カジノキ)のDNA分析(石川・渋谷)。また,AWRANA2018(フランス,2018年5月)や日本文化財科学会第35回大会(2018年7月),第33回日本植生史学会大会(2018年11月),Workshop on Integrated Microscopy Approaches in Archaeobotany 2019(イギリス,2019年2月)では研究手法の紹介と結果の見込みについて報告し,書籍『Integrated Studies of Cultural and Research Resources』では2018年度前半までに得られた研究成果について報告した。

言及状況

Twitter (3 users, 3 posts, 2 favorites)

@niemonhan どこの紙とか分かると面白いですねー。 こんな研究も。紙だけではなく食物なども。今は世界的な研究がされています。 https://t.co/iwXRl8wGH4
和紙の原材料のDNA分析などから原産地や構成物の由来材料を特定する研究もおこなわれています。例えば、https://t.co/HsfL7R7K3G →"死海文書、羊皮紙のDNA分析に成功、解読の新たな鍵に | ナショナルジオグラフィック日本版サイト https://t.co/QUylNR1u27 "
羊皮紙がDNA解析できるなら紙や木簡でもできそうだなと調べたら、そういう研究も始まってるんだな。 前近代の和紙の混入物分析にもとづく「古文書科学」の可能性探索 https://t.co/l2kzvjcqrT

収集済み URL リスト