著者
重本 直利 細川 孝 望月 太郎 碓井 敏正 細井 克彦 植田 健男 碓井 敏正 細井 克彦 小山 由美 植田 健男 中村 征樹
出版者
龍谷大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2007

研究成果は以下の5点である。(1)ステークホルダー間調整視点から「評価-機能モデル」を仮説的一般理論としてまとめた。(2)「評価-機能」の相互関係性の検討を行う上での基本用語の整理を行った。(3)韓国およびドイツ等での「大学内ステークホルダー間調整」視点からの調査において、教員、研究員(職員)、学生(院生)における「評価-機能」の相互関係性をまとめた。(4)日本の大学および認証機関における「PDCAサイクル」での評価の取り組みを「評価-機能モデル」から検討し、結論としてコミュニケーション型モデル・了解志向型モデルを提案した。(5)『研究報告書(研究記録を含む)』としてまとめた(2010年3月19日)。また、重本直利は『大学経営学序説』(晃洋書房、2009年)において成果の一部の公表を行った。

言及状況

はてなブックマーク (1 users, 3 posts)

[大学][ガバナンス][KAKEN]
[大学][ガバナンス][KAKEN]
[大学][大学職員][KAKEN]

Twitter (1 users, 2 posts, 0 favorites)

[大学][ガバナンス] / “KAKEN - 大学内ステークホルダー間調整視点からの評価-機能モデルの研究(19601011)” http://t.co/Eo4Sf4laCu
[大学][大学職員] / “KAKEN - 大学内ステークホルダー間調整視点からの評価-機能モデルの研究(19601011)” http://t.co/Ou7EZ4kKZy

収集済み URL リスト