著者
青木 恵理子
出版者
龍谷大学
雑誌
龍谷大学国際社会文化研究所紀要 (ISSN:18800807)
巻号頁・発行日
vol.7, pp.269-281, 2005-03-25
被引用数
1 or 0

Lifeworld' is a social field in which people have everyday face-to-face communications and interactions, and in which what they say and do inevitably influences it. It is meaningfully autonomous from modern subsystem fields such as the state and capitalist economy in which actions are adjusted by controlling media such as administrative power and money. Lifeworld is 'the horizon within which communicative actions are "always already" moving (Habermas 1987: 119)'. It evades our cognitive grasp. It has a form of knowledge on its own, which comprises assumptions and skills that we make use of almost without awareness (Habermas 1987: 113-197; Nakaoka 1996). Habermas holds that in the late capitalism lifeworld is controlled or 'colonised' by modern system fields and may lose autonomy and liveliness. This article aims at elucidating how gossiping can inspire the embodied imagination shared by participants to prevent 'colonisation' of lifeworld by modern systems, by drawing on data concerning rabies, ninja and vaccination in Flores, Indonesia.
著者
畠山 亮
出版者
龍谷大学
雑誌
龍谷法学 (ISSN:02864258)
巻号頁・発行日
vol.45, no.4, pp.1309-1332, 2013-03-12
著者
岡田 典之
出版者
龍谷大学
雑誌
龍谷紀要 (ISSN:02890917)
巻号頁・発行日
vol.34, no.1, pp.1-14, 2012-09-28

パリンゲネシスとは、植物や動物を煆焼し、そこで得られた灰に何らかの化学的(錬金術的)操作を加えると、その灰から元の植物や動物の姿が現れるという現象である。もちろん科学的にはあり得ない現象だが、十七世紀においては真正の驚異現象として認められ、最後の審判時における肉体の復活と関連させられ、同時代の知識人の興味を強く引いていたのである。本稿では、主に十七世紀英国でこのパリンゲネシスに言及している三人の著作家を取り上げ、それぞれがパリンゲネシスと復活をどのように関連させているのかを考察する。また、十八世紀以降にこの現象がどのように扱われたのか、二十世紀の小説家がどのように扱っているかにも少し触れ、パリンゲネシスという驚異の意味がどのように変遷してきたかも示したい。
著者
松居 竜五
出版者
龍谷大学
雑誌
龍谷大学国際社会文化研究所紀要 (ISSN:18800807)
巻号頁・発行日
vol.9, pp.21-29, 2007-05

Creolization is a concept for a form of cultural reception in which superficial elements of a certain culture are borrowed and used apart from the original context. This concept originally came from the research of Caribbean languages transformed by the contact with the European languages, but is now applied to many cultural phenomenon occurring in the globalization. The Japanese culture which expanded its influence rapidly in these ten or fifteen years has also experienced such creolization in many countries. In this paper is analyzed such a creolization of the Japanese cultural elements, especially in the case of Ninja and Samurai in American comics.
著者
岡村 喜史
出版者
龍谷大学
雑誌
佛教文化研究所紀要 (ISSN:02895544)
巻号頁・発行日
vol.43, pp.71-79, 2004-11-30
著者
吉村 文成
出版者
龍谷大学
雑誌
国際文化研究 (ISSN:13431404)
巻号頁・発行日
vol.11, pp.43-58, 2007

同源の一神教として知られるユダヤ教、キリスト教、イスラム教はそれぞれ利息を禁止してきた。イスラム教はいまも建前としては利息を禁止、ユダヤ教は「同胞」に限って禁止し、また、キリスト教は中世末期の宗教改革で解禁した。中世ヨーロッパ社会にあってキリスト教聖職者らは利息禁止を強く主張したが、その主張の背後に、ユダヤ人を差別しながらも、その一方で特権的に「異教徒(キリスト教徒)」相手の金貸し営業権を与え、そのことで彼らを操り、その収益の一部を巻き上げる、いわば体制の維持装置という側面があったとみることができる。現代金融論では、利息とは、「いまのおカネ」と「未来のおカネ」の交換、いわばおカネの"異時点間交換"にともなう差額の補填である。こうした信用システムから必然的に生じる利潤の追求こそが、現代資本主義の根幹であろう。しかし、この仕組みによって生まれたのは、「いま」に取り込まれた「未来のおカネ」を実現するため、休むことなく馬車馬のように走り続け、経済の拡大・成長を追求することを運命づけられた社会である。いつまで持続できるのか。おカネはほんらい、暮らしに役立つモノやサービスと交換したときにその価値を発揮する。その点で、モノやサービスという効用の代理物であり、効用を数値化したシンボル(象徴)といえる。効用は有限だが、シンボルは無限である。逆説的だが、古(いにしえ)の賢人や諸宗教が利息を禁止したのは、シンボルが効用を離れて暴走し、「未来」という時間を侵食することへの畏れがあったのではないか。
著者
竹内 あすか
出版者
龍谷大学
雑誌
龍谷大学大学院研究紀要. 社会学・社会福祉学 (ISSN:13439855)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.1-16, 2007

This article deals with the relation between the medical discourse and that in the transgender community in Japan, which encompasses many participants of diverse gender identities. The participants communicate with one another not only in person but also by various means including internet. Sex-change surgery was recently legalized for those whose agony concerning gender identity cannot be removed by other means. A certain type of gender identity problems was medicalized as 'gender identity disorder'. Since the mass media reported a person who had undergone sex change surgery in Saitama Medical College, 'gender identity disorder' was socially acknowledged. Several affirmative reports contributed to make 'gender identity disorder' socially accepted. It seems that the medicalization is a great relief for those who have full assurance that only sex-change surgery can resolve their gender identity problems. This type of transgender people is categorized as TS (trans-sexual) in the transgender community, which also differentiates two other categories, TG (trans-gender), who may not undergo the surgery but take hormone treatment and TV (transvestite), who only manipulate their closes. Bu referring to the medicalization, a type of discourse that legitimizes and centers TS occurred in the community. It insists that only TS is pure and true and TG is less pure and further TV is rather false. While the medicalization aimed at saving transgender people, it leaded to the center-peripheral structure and to peripheralized participants' agony in the community. This article clarifies the process and logics how this discriminative structure arose, by looking at the medical and community discourse.
著者
寺下 友敬
出版者
龍谷大学
雑誌
教育
巻号頁・発行日
vol.16, 1981-03-01
著者
岡田 典之
出版者
龍谷大学
雑誌
龍谷紀要 (ISSN:02890917)
巻号頁・発行日
vol.37, no.2, pp.67-85, 2016-03-16

錬金術といえば、実験室内で錬金作業に没頭する錬金術師の姿が思い浮かぶかもしれないが、錬金術にとって関心の対象となるのは金属だけではなく、またその活動も屋内に限られたものではなかった。本稿では医師兼錬金術師であったロバート・フラッドや、実践的な錬金術師であると同時に理論家としても活動したトマス・ヴォーンなどの著作に見られる、気象現象への関心を考察する。フラッドは、気象計という単純な機器による観察と聖書とに基づいて風や雲に生気論的な説明を与え、当時一般的に受け入れられていたアリストテレスの気象理論を痛烈に批判した。フラッドはまた、太陽光と熱にも宗教的、魔術的な意味を見出したが、トマス・ヴォーンも同様に、太陽光や熱を生命と結びつけて重視した。ヴォーンはまた、露のようなありふれた現象にも宇宙的な意味を読み込もうとしている。このように、錬金術とは、生気論的な立場から自然全体を統一的に理解しようとする試みであったと考えることができる。さらには、気象現象のような日常的な自然現象に宇宙的な、また神学的な意味を読み取り、単純な実験や観察に神の業を見ようとする態度にも錬金術の重要な特徴が表れていると言えよう。
著者
田代 加奈
出版者
龍谷大学
雑誌
龍谷大学大学院国際文化研究論集 (ISSN:13491342)
巻号頁・発行日
vol.9, pp.82-88, 2012-03

In the Ottoman Empire, sweets called Tatlı were very important for the food culture. "To serve people by the foods" was one of the very important habits for the Turks from nomadic periods. Tatlı was certainly included in the serving foods. In the days of the Ottoman Empire, people took meals two times a day, in the morning and evening. They ate Tatlı not only as dessert but between meals. Ottoman Turkish Tatlı are categorized roughly into 6 kinds. Among those Aşure belonging to Tahıllı ve sütlü tatlıar (the foods which used wheat flour and milk) kind is the most popular Tatlı in the Ottoman period. The article introduces traditional food of Aşure and typical Aşure plateware.