著者
浜田 雄介 石川 巧 山口 直孝 小松 史生子 谷口 基 志賀 賢子 金子 明雄
出版者
成蹊大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2019-04-01

探偵小説は〈近代〉とともに成熟してきた。政治的・社会的・性的存在として生きねばならない人間を微分し、欲望する主体としてのありようを的確に表象する方法のひとつとして、それはいまもなお拡大発展を遂げている。本研究では、「作家資料研究」「雑誌研究」「国際研究」「理論研究」の各部門から、作家の自筆原稿や雑誌を含むさまざまの資料について研究の基盤となるデータの集積を行うとともに、諸外国における研究や隣接領域の学術的成果や知見とも交流し、日本における探偵小説ジャンルの生成過程を明らかにする。

言及状況

Twitter (9 users, 10 posts, 1 favorites)

KAKEN — 研究課題をさがす | 近代日本探偵小説研究の基盤整備:資料の調査・保存・公開とその活用 (KAKENHI-PROJECT-19H01232) https://t.co/NZ8ZIKKt4I
KAKEN — 研究課題をさがす | 近代日本探偵小説研究の基盤整備:資料の調査・保存・公開とその活用 (KAKENHI-PROJECT-19H01232) 浜田 雄介 https://t.co/gtAfLaYFfI

収集済み URL リスト