著者
大内 裕和 水溜 真由美 石原 俊 長 志珠絵 黒川 みどり 鳥羽 耕史
出版者
中京大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2010-04-01

1950年代が、戦前や戦時期との連続性を持ちながら、戦後の社会システムや大衆意識の形成にとって、決定的な意味を持っていたということを、当時の史資料から明らかにした。これらについて、多数の雑誌論文の執筆、学会発表、図書の刊行を行った。また、1950年代を再検討することによって、<現代>が戦後社会の転換点であることを、より明確にすることができた。これらについても、多数の雑誌論文の執筆、学会発表、図書の刊行を行った。

言及状況

Twitter (2 users, 5 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:1950年代における地域文化活動の実証的研究-民衆の自己教育運動の史資料発掘(水溜 真由美) http://t.co/zivq65ITef
こんな研究ありました:1950年代における地域文化活動の実証的研究-民衆の自己教育運動の史資料発掘(水溜 真由美) http://t.co/zivq65ITef
こんな研究ありました:1950年代における地域文化活動の実証的研究-民衆の自己教育運動の史資料発掘(水溜 真由美) http://t.co/zivq65ITef
こんな研究ありました:1950年代における地域文化活動の実証的研究-民衆の自己教育運動の史資料発掘(水溜 真由美) http://t.co/zivq65ITef

収集済み URL リスト