著者
柳本 哲 渡邉 伸樹 大竹 博巳 深尾 武史 谷口 和成 安藤 茂樹 河崎 哲嗣 佐伯 昭彦 池田 敏和 松嵜 昭雄
出版者
京都教育大学
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2012-04-01

日本で初めての中高生を対象とした数学的モデリング・チャレンジのプログラムを京都で開催し,その教育的効果を検証するとともに,実施上の問題点について考察した。1回目は2013年2月に中学3年生8名が,2回目は2014年2月に高校1年生21名が,3回目は2015年2月に中高生33名が,それぞれ参加し,ボブスレー問題や電力会社収支問題などの現実問題に数学を使って挑戦した。その結果,参加した生徒は数学の有用性を再認識するとともに数学を使った問題解決に挑む楽しさを感じ取っていた。そして,このプログラム実施によって,周辺の数学科教員に数学的モデリング教材についてより明確に認知してもらうことにも繋がった。

言及状況

Twitter (1 users, 2 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:中高生の科学的分析思考力を育てる数学的モデリングチャレンジプログラムの開発実施(深尾 武史) http://t.co/xIFB7iVNub
こんな研究ありました:中高生の科学的分析思考力を育てる数学的モデリングチャレンジプログラムの開発実施(深尾 武史) http://t.co/xIFB7i505Z

収集済み URL リスト