著者
玉川 英則 野澤 康 市古 太郎 河村 信治
出版者
首都大学東京
雑誌
基盤研究(C)
巻号頁・発行日
2012-04-01

本研究は,東日本大震災の津波被災地であり,研究メンバーが発災直後から支援調査活動を継続し「顔の見える関係」のある岩手県野田村を対象に、現地での復興シャレットワークショップ(CWS)の実施をとおして、復興空間パターンを抽出し、周辺他都市との機能連携でのコンパクトな居住復興モデルを実践的かつ理論的に導出しようとしたものである。3年の研究期間(プレスタディ期間を含めれば4年間)において、素朴で物的な計画を中心とした提案から、期間途中から民泊プログラム等を組み入れることにより、当地のなりわいを体験し被災地に寄りそう中で、より地域に密着した提案を考案していくプロセス構築がなされていった。

言及状況

Twitter (1 users, 2 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:岩手沿岸北部被災地復興における地域連携型のコンパクトな居住モデルの導出(野澤 康) http://t.co/QuYX3SHiu5
こんな研究ありました:岩手沿岸北部被災地復興における地域連携型のコンパクトな居住モデルの導出(野澤 康) http://t.co/QuYX3SHiu5

収集済み URL リスト