著者
楠 房子 稲垣 成哲 徳久 悟 石山 琢子
出版者
多摩美術大学
雑誌
挑戦的萌芽研究
巻号頁・発行日
2014-04-01

本研究で開発したスタンプオンシステムは、「スタンプ」デバイスを用いた展示の理解支援システムである。本システムは3つの特色がある(1)展示物の説明を取得するにはiPadなどのモバイル端末を使用する (2)「スタンプ」と呼ばれる有形デバイスをタッチすると、モバイル・デバイス内に含まれる対応する説明を開始する(3)来館者の自発的な探索活動を支援する。本システムの有効性を検証するために、6年生の児童を対象として、科学博物館で実験を行った。実験結果から、子どもたちは、博物館の展示物の観察を本システムを用いて楽しく行うことができた。また本システムは展示物の理解のために、効果的であることが明確になった。

言及状況

Twitter (1 users, 4 posts, 0 favorites)

こんな研究ありました:博物館における展示学習のためのスタンプなびのデザイン(楠 房子) http://t.co/WtlNGLPEEk
こんな研究ありました:博物館における展示学習のためのスタンプなびのデザイン(楠 房子) http://t.co/gMbxVCuBlE
こんな研究ありました:博物館における展示学習のためのスタンプなびのデザイン(楠 房子) http://t.co/gMbxVCuBlE
こんな研究ありました:博物館における展示学習のためのスタンプなびのデザイン(楠 房子) http://t.co/gMbxVCuBlE

収集済み URL リスト