著者
玉井 隆
出版者
独立行政法人 日本貿易振興機構アジア経済研究所
雑誌
アフリカレポート (ISSN:09115552)
巻号頁・発行日
vol.59, pp.28-41, 2021-03-16 (Released:2021-03-16)
参考文献数
52

本稿は、ナイジェリアにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が始まる2020年2月から、本稿執筆時である2020年10月を対象として、政府がどのようにCOVID-19に対応したのか、またそれが実施される現場において、人びとはなぜ、どのように暴力の被害を受けたのかを検討する。ナイジェリア政府はこれまでさまざまな感染症対策を経験しており、COVID-19の流行への対応にそれが十分に活かされていた。先行研究はそうした過去の経験の重要性を指摘し、政府がWHOの推奨する施策を適切に行なった結果、COVID-19の被害が当初の想定よりも少なかったことを肯定的に評価している。しかし本稿は、ナイジェリア政府がCOVID-19の感染拡大を抑止するためのロックダウンを実施したことで、国家の治安機関が暴力を行使する契機を増加させていると指摘する。社会的に脆弱な人びとの生活を考慮しないロックダウンは、COVID-19の世界的な感染拡大阻止という大義名分と正当化のもとで、ナイジェリア国家権力による暴力を拡大させている。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (21 users, 24 posts, 35 favorites)

J-STAGE Articles - ナイジェリアにおけるCOVID-19の経験――ロックダウン下において生起する暴力―― https://t.co/7XvgcIrYgX 玉井隆氏。感染症の流行に慣れているナイジェリアでは人びとも自発的に対策をし流行の拡大を抑えたが、ロックダウンは警察の暴力を噴出させる契機ともなったと。
【 #アフリカレポート 】 「コロナ禍におけるアフリカの人々」特集、第2弾は #ナイジェリア に関する論考です! 玉井隆「ナイジェリアにおけるCOVID-19の経験――ロックダウン下において生起する暴力――」 https://t.co/pgQQVieNV1 資料紹介記事11点も新たに公開! 目次は
ナイジェリアにおけるCOVID-19の経験~ロックダウン下において生起する暴力(アジア経済研究所)ナイジェリア政府がCOVID-19の感染拡大を抑止するためのロックダウンを実施したことで、国家の治安機関が暴力を行使する契機を増加させていると指摘https://t.co/8gsPlYWK4rひどい状況
特集 コロナ禍におけるアフリカの人々:ナイジェリアにおけるCOVID-19の経験――ロックダウン下において生起する暴力―― https://t.co/TTRd15jQUS
ざっと読ませていただきましてが、知らないことが多くて良記事でした。玉井隆「ナイジェリアにおけるCOVID-19の経験――ロックダウン下において生起する暴力」https://t.co/tIFzP3swLj
アジア経済研究所『アフリカレポート』の特集「コロナ禍におけるアフリカの人々」に論考を書かせて頂きました。しっかり読んでくださった編集そして査読の方々に感謝です。: 「ナイジェリアにおけるCOVID-19の経験――ロックダウン下において生起する暴力――」(https://t.co/9LBiesRmKH)

収集済み URL リスト