著者
石井 英一 中川 光弘 齋藤 宏 山本 明彦
出版者
一般社団法人 日本地質学会
雑誌
地質学雑誌 (ISSN:00167630)
巻号頁・発行日
vol.114, no.7, pp.348-365, 2008-07-15 (Released:2009-03-25)
参考文献数
48
被引用文献数
6 or 0

北海道中央部の十勝三股盆地周辺に分布する火砕流および火山体を対象に露頭調査,記載岩石学的分析およびK-Ar年代測定を行った結果,降下火砕堆積物の層厚変化,火砕流の層厚・溶結度・上面高度の変化,噴出年代,本質岩片の斑晶鉱物組み合わせ・ガラス組成・鉱物化学組成から,従来それぞれの地域で異なる名称で呼ばれていた4つの火砕流(無加・芽登凝灰岩,屈足火砕流,黒雲母石英安山岩質軽石流)がすべて十勝三股盆地から噴出した同一の火砕流であることが分かった.我々は十勝三股盆地を十勝三股カルデラと呼び,上記4つの火砕流を十勝三股火砕流,先行した降下火砕堆積物を十勝三股降下火砕堆積物と呼ぶことを提唱する.十勝三股カルデラは約1 Maに総噴出量130 km3以上の大規模珪長質噴火によって形成された.その噴火は大規模なプリニー式噴火で始まり,その後に火砕流が発生し,当時の基盤地形に支配されて流下した.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[地球科学][地理学][物理学] 【北海道中央部,更新世の十勝三股カルデラの提唱と関連火砕流堆積物】/道央台地を形成した鮮新世~前期更新世の十勝火砕流は、地球上で起こる最大規模のものだったらしい。

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

十勝三俣カルデラ関連で纏まってる論文は下記。 https://t.co/xrPjw3YJQJ 現時点で分かっているだけでも噴出量130km3の巨大噴火。13万年前の阿蘇山噴火相当。 地学に詳しい人、DRE km3の意味教えてくだち… https://t.co/PypCW7iEbJ
【北海道中央部,更新世の十勝三股カルデラの提唱と関連火砕流堆積物】/道央台地を形成した鮮新世~前期更新世の十勝火砕流は、地球上で起こる最大規模のものだったらしい。https://t.co/KZ4zAwb6HC

収集済み URL リスト