言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

下記のサイトなどが判り易いかも。 例えばブチルゴムと窒素の組み合わせの場合、温度が25℃違うと気体の透過率は5倍近く変わると言われています https://www.packing.co.jp/GOMU/kitaitoukasei1.htm https://www.jstage.jst.go.jp/article/gomu1944/53/12/53_12_719/_pdf ...

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (219 users, 220 posts, 106 favorites)

@barubaru24 こんなの見つけました. https://t.co/Z7WYvO01Hx 「この中で特異なことは, 炭酸ガス(CO2)が分子直径が大きいのにかかわらず,最小分子のH2より透過度(Q)が非常に大きい値を示しているが,これは拡散度(D)の相違に較べて (続く)
ガスの透過率は分子半径だけじゃ決まらないので、どうなんだろう。 と思って調べてみたら、酸素より窒素の方が透過率低いみたいね。 https://t.co/zvwLev9tfk
@maboroshiitake ついーと辿ってみたら分子の大きさじゃなくて透過性が関係しているらしくて引用文献まででてた。勉強になるね https://t.co/0Mss7Og4LP
[memo] タイヤ×窒素 https://t.co/xQsS8i6dGu
この資料によれば、酸素は窒素の2〜4倍程度、透過性が高いようだ(透過性はゴムの種類によって異なる)。タイヤへの窒素充填は漏れにくさという面で効果ありということだね。 ゴムのガス透過性 https://t.co/dQ7tJa4kK3
酸素と窒素ではゴムの透過率に有意な差があるようです。https://t.co/jr7pV74rSJ RT @hirokagi 店員さんの説明では窒素の方が空気よりも粒子が大きいのでタイヤから抜けにくいとのこと。迷わずお断りした。(ちなみに窒素も酸素も共有結合半径は0.74 Å)
@Atori0001 高分子物質が気体を通す性質があるとは聞いていたが,その程度は,モノによっては水素<二酸化炭素となる場合もあるようだ。https://t.co/A5r3C0AIA8

収集済み URL リスト