3 0 0 0 OA 空間認知とGIS

著者
若林 芳樹
出版者
The Association of Japanese Geographers
雑誌
地理学評論 (ISSN:13479555)
巻号頁・発行日
vol.76, no.10, pp.703-724, 2003-09-01 (Released:2008-12-25)
参考文献数
140
被引用文献数
1 or 0

1990年代以降,GISの研究が「システム」から「科学」へと力点を移していく過程で,空間認知研究との間に新たな接点が生まれてきた.ここで,GISと空間認知との関わり方には,(1)空間認知研究のツ-ルとしてのGIS,(2)空間認知モデルとしてのGIS,(3)空間的知識の情報源としてのGIS,(4)空間認知研究の成果を応用したGISの改善,という四つの側面が考えられる.本稿は,これらに関する既往の研究の成果と課題を整理し,今後の展望を提示した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

地図学若林の専門はメンタルマップか 地理学評論に論文が掲載されてる 「空間認知とGIS」 https://t.co/XqeEgjHvgU
【地理学評論掲載論文】若林芳樹 2003.空間認知とGIS,地理学評論76,703-724.https://t.co/2Lfb5gb1sf

収集済み URL リスト