著者
根田 克彦
出版者
The Association of Japanese Geographers
雑誌
地理学評論 (ISSN:13479555)
巻号頁・発行日
vol.79, no.13, pp.786-808, 2006-11-01 (Released:2008-12-25)
参考文献数
64

本研究では,イギリスのノッティンガム市を事例として,小売開発政策と現実の小売商業地の実態とを比較することにより,イギリスの小売開発政策の特質と課題を考察した.イギリスの小売開発政策の特質は,サスティナブルな開発と買物機会の公平性を実現するために,徒歩と公共交通機関によるアクセスが容易なセンターに開発を集中させ,それ以外の場所での小売開発を厳しく規制することにある.保護される対象は中心市街地のみではなく,センターの階層構造そのものである.課題としては,以下のことが挙げられる.1)下位自治体の小売開発政策と上位レベルのそれらの間で,階層構造の設定に一部不一致がある.2)活性化の成功例といわれる中心市街地でも,その縁辺部では空き店舗がある.3)センター外の大型小売開発が,下位階層センターを脅かす存在となっている.4)小売開発政策が伝統的小売階層をあまりに強調していることである.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 2 favorites)

@yuto_ramune4 https://t.co/mmudEPpBro 参考資料
【地理学評論掲載論文】根田克彦 2006.イギリスの小売開発政策の特質とその課題-ノッティンガム市の事例,地理学評論79,786-808.https://t.co/b2NGeBe2j9

収集済み URL リスト