著者
櫻井 義秀
出版者
北海道社会学会
雑誌
現代社会学研究 (ISSN:09151214)
巻号頁・発行日
vol.15, pp.63-81, 2002-06-29 (Released:2009-11-16)
参考文献数
24

本稿では,人権・自己決定権という世俗的理念がどのようにして宗教制度の領域に介入するようになっていったのか,その時代背景や社会的要因を現代の『カルト』問題や,『宗教被害』をめぐる裁判を通して記述していきたい。現代の『カルト』問題は,特定宗教や宗教の暴力的側面に関わる問題に留まらない。教団の特殊な勧誘・教化行為や宗教活動一般を社会がどのように許容するのかという問題としても出現している。カルトによるマインド・コントロールというクレイムは,信者の宗教的自己決定権が侵害されているという評価的な理解であり,脱会カウンセリングにおいて,信者を教団から家族へ引き戻すための実践理論でもある。布教が『その人のために』というパターナリズムで行われているのと同様に,カルト批判もパターナリズム的立場をとる。教団・信者側,反カルト側・元信者側がそれぞれ,宗教的自己決定権を主張し,相手をその侵害者として批判するのである。統一教会元信者による『青春を返せ』訴訟は,自己決定権の回復を求めた訴訟と位置付けられる。判決では,統一教会による正体を隠すやり方,伝道されたものを欺罔・威迫する方法が違法とされ,原告勝訴となった。この判決は宗教問題に法的介入が可能であることを示した点において画期的であったし,現代宗教の社会的位置付けを司法が宣言したという意味でも,今後,宗教界・宗教研究に大きな影響を与えることになろう。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

Twitter (12 users, 14 posts, 3 favorites)

『宗教被害』と人権・自己決定をめぐる問題 〜統一教会関連の裁判を中心に〜 | 櫻井義秀 https://t.co/DSsRCrHMWF
櫻井義秀「「宗教被害」と人権・自己決定をめぐる問題 統一教会関連の裁判を中心に」 https://t.co/mmr9YwTIcJ
櫻井義秀「「宗教被害」と人権・自己決定をめぐる問題 統一教会関連の裁判を中心に」 https://t.co/mmr9YwTIcJ
@dranosora @pchip3 ⬇違法(医療,消費に関する法律 “題目あげると身体の細胞が反応 血尿。題目効果、排尿スムーズに 癌が治った” “薬機法,景品表示法” https://t.co/L3gm3rnJ63 ⬇違法(勧誘に関する法律 “信心やるかやらないか” 2002年 “弱みにつけ込み 宗教的救いを願う心情かきたて違法” https://t.co/eGNbN5FRQ5 https://t.co/CblV2ccnzK
「判決では,統一教会による正体を隠すやり方,伝道されたものを欺罔・威迫する方法が違法とされ,原告勝訴となった。」 #論文 #統一教会 #家庭連合 #自民党 #文科省 #ミヤネ屋 #news23 #newszero #報道特集 https://t.co/JwjRVTLfgI
「宗教被害」と人権・自己決定をめぐる問題 https://t.co/hnL4fh8iJM
J-STAGE Articles - 「宗教被害」と人権・自己決定をめぐる問題 https://t.co/22CnftECKx
「宗教被害」と人権・自己決定をめぐる問題 統一教会関連の裁判を中心に 櫻井 義秀 https://t.co/C7i5sav8Tf
https://t.co/e7wnYr2tXl しっかり研究していれば、2002年段階で既にこの認識が可能。 「宗教に良いも悪いもない」「反カルトのカルト性」などと中立的一般論しか言えない不勉強な状態なら黙ってる方がいい 「宗教研究者の理解を超えていた」 「どうやら私が宗教という、枠組みにとらわれすぎていた」 https://t.co/Jq3nsVsuxU
→札幌地裁は〜原告勝訴の判決を言い渡した。判決では〜正体を隠した伝道により, 元信者が勧誘・教化され〜物品購入や献金を強要された事実を認定し〜賠償責任を〜認め〜た」 櫻井義秀『「宗教被害」と人権・自己決定をめぐる問題 -統一教会関連の裁判を中心に-』2002 https://t.co/2uEhcICb0t
→自己責任に関わる部分と,ここまで自分を追い込み,なお〜勧誘・教化し続ける教団を放置できないと〜責任を問うことは別〜。民事訴訟上,個人の損害賠償という形でしか社会的告発はできない」櫻井義秀『「宗教被害」と人権・自己決定をめぐる問題 統一教会関連の裁判を中心に』https://t.co/2uEhcICb0t

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

収集済み URL リスト