著者
岸本 圭子 岸本 年郎 酒井 香 寺山 守 太田 祐司 高桑 正敏
出版者
一般社団法人 日本生態学会
雑誌
保全生態学研究 (ISSN:13424327)
巻号頁・発行日
vol.22, no.1, pp.159-170, 2017 (Released:2018-04-01)
参考文献数
32

東京都大田区の埋立地に成立する東京港野鳥公園では、国内外来種であるリュウキュウツヤハナムグリの生息が確認されている。園内には他にも外来の個体群である可能性が高いハナムグリ亜科2種が目撃されている。園内で発生しているこうした国内由来の外来種が分布を拡大し東京都の内陸部へ侵入すれば、深刻な生態系改変や遺伝子攪乱の脅威も予想されることから、早急に現状を把握する必要がある。本研究は、東京港野鳥公園で出現が確認されているハナムグリ亜科5種(コアオハナムグリ、ナミハナムグリ、シロテンハナムグリ、シラホシハナムグリ、リュウキュウツヤハナムグリ)を対象に、2014年から2016年に野外調査を実施し、発生状況および利用資源を調べた。その結果、リュウキュウツヤハナムグリは、成虫は自然分布地と同程度に発生量が多いこと、園内に植栽された複数の植物の花や樹液に集まること、土壌中に幼虫が高密度で生息していることが明らかにされた。さらに、これらの幼虫の密度が高い地点の土壌表層部が大量の糞で埋め尽くされている状態であることがわかり、土壌生態系や落葉の分解に大きな影響を与えている可能性が考えられた。また、リュウキュウツヤハナムグリだけでなく、コアオハナムグリ、ナミハナムグリ、シラホシハナムグリも、成虫が東京都区部や近郊に比べて数多く発生していることがわかった。これらのハナムグリ亜科成虫では、花や樹液以外にも特異な資源利用が目撃されており、園内のハナムグリ成虫の利用資源が不足していると推察された。このことから、採餌範囲を広げる個体がますます増えることが予想され、外来のハナムグリ種の内陸部への分布拡大が懸念される。今後もこれら外来ハナムグリ種の発生状況を継続的にモニタリングしていくことが重要だと考えられた。また、DNAレベルの詳細な研究を行い、外来ハナムグリ個体群の起源や侵入経路を解明する必要があるだろう。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 9 posts, 9 favorites)

@mumeikonchu @BUTEO18727069 2014年の調査ではナミハナムグリが最も多い、 という調査結果でした。 今は立場が全く逆転してしまっているようです。 https://t.co/lu0mXSi9Ub
@kamekichi777 リュウキュウツヤハナムグリは東京港野鳥公園でも発生してるみたいですね。
下記の論文より、リュウキュウツヤハナムグリの幼虫の可能性が高いとは思いますが… 写真での同定の難しさと、標本の重要性が身に染みます… https://t.co/vGEaKPBDev
@my19670824 @Gorifan_insects あとコアオハナムグリもでした。 幼虫が確認されていないヒメトラハナムグリ、ヒメアオハナムグリ、ヒラタハナムグリは別にすると5種ですがこの全てが書かれている論文 どうぞ   最後の方にヒラタハナムグリなどについて載ってます https://t.co/lu0mXSi9Ub
@thi_no_64 ご参考に https://t.co/K2u7Ta9nZH
https://t.co/9Ie2H5l5TR ソース

収集済み URL リスト