著者
林 智 林 美代子
出版者
一般社団法人 映像情報メディア学会
雑誌
テレビジョン (ISSN:18849644)
巻号頁・発行日
vol.21, no.6, pp.397-409, 1967-06-01 (Released:2011-03-14)
参考文献数
58

テレビジョン受像機から漏洩するX線の, 衛生学的諸問題を考察したもので, X線の人間への作用, 管理基準, 測定について概説したのち, 研究の歴史, 線源ごとのX線の性質と漏洩レベルを検討し, 最後に, 実際にセットから漏洩しているX線の現況と, 今後の見通しを考察, さらに対策についても言及している.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 9 posts, 3 favorites)

ちなみにもっと古い真空管テレビの時代だと、主に高圧整流管や高圧安定管からX線が出るので漏洩X線についての規制があった(1960年に強化)そうだけど、流石にそこまで古いテレビが稼働していた可能性は低そう。 https://t.co/KF7h6Mw2Uy (pdf) https://t.co/7oN8Cjwjm7
記事を読み始めた時は「電子銃使うんじゃなく、高圧整流の真空管使うのか〜」と思ったけれど、構造・仕組みから言えば「どうせ電子とばしてぶつけたい」だけだから「後者がコンパクトでいい」というストーリーか〜面白い。 https://t.co/Oi8iEMdNwI https://t.co/qlt4zK8fgv

収集済み URL リスト