著者
吉田 正
出版者
一般社団法人 日本原子力学会
雑誌
日本原子力学会誌ATOMOΣ (ISSN:18822606)
巻号頁・発行日
vol.53, no.8, pp.555-558, 2011 (Released:2019-09-06)
参考文献数
7

福島第一発電所の冷温停止に向けての課題は崩壊熱との闘いにつきるといえよう。崩壊熱は,核分裂で生じた核分裂生成物のβ崩壊に伴うFP崩壊熱と,核燃料であるウランより重いアクチニド核種のα崩壊またはβ崩壊に伴い発生するアクチニド崩壊熱に大別される。崩壊熱の計算にはいくつかの方法があり,かつその信頼性も高い。計算に当たっては,その方法を吟味し,停止後の原子炉の状況を見極めた評価・計算を行う必要がある。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 1 favorites)

軽水炉燃料崩壊熱のふるまい 福島第一発電所の崩壊熱挙動理解のために 東京都市大学 吉田 正 https://t.co/jHvFJV9Nth
核分裂生成物(FP)の崩壊熱は、燃焼停止直後に運転時の6.5%に下がるとのこと。8時間後には燃焼停止直後の1/10、4ヶ月後に1/100まで下がる。地震とか津波が来る8時間とか4ヶ月とか前に原発を止めておけばちょー安全。勿論、そんな予知は無理なので、もう止めとこうぜ、と。 https://t.co/B2SMX6jhRT

収集済み URL リスト