著者
川越 敏司
出版者
行動経済学会
雑誌
行動経済学 (ISSN:21853568)
巻号頁・発行日
vol.12, pp.15-25, 2019-01-18 (Released:2019-01-19)
参考文献数
30

実験経済学においては被験者の選好統制を行うために報酬を支払うが,これまで使用されてきた様々な報酬支払法のどれにも問題があり,これらの問題を回避するには1回限りの実験を行う必要があることを提案する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (19 users, 20 posts, 44 favorites)

まず、経済学における実験、特に選好のコントロールについて手に入れやすい文献は、手前味噌ですが、以下になります。無料で全文閲覧できます。 「実験経済学方法論に関する最近の研究動向~報酬支払法を中心とした考察~」… https://t.co/aEeXHjjcAS
おもしろい J-STAGE Articles - 実験経済学方法論に関する最近の研究動向~報酬支払法を中心とした考察~ https://t.co/Wvx2yOGbji

収集済み URL リスト