著者
金子 俊之 河本 高伸 菊池 弘恵 塩田 真夫 弥武 経也 飯野 久和 辻 啓介
出版者
The Japan Society of Home Economics
雑誌
日本家政学会誌 (ISSN:09135227)
巻号頁・発行日
vol.44, no.4, pp.245-254, 1993-04-15 (Released:2010-04-23)
参考文献数
18
被引用文献数
3

イソマルトオリゴ糖の摂取が, 腸内環境と便通に及ぼす影響を明らかにするために, 腸内Bifidobacteriumを増殖させる有効量である1日10gもしくは15gを有志健常人に摂取させて検討した. 試験期間は5週間で, 1週目は摂取前, 2~3週目は摂取, 4週目は摂取休止, 5週目は再摂取とした.1) 1日10gの摂取により, Bifidobuterium菌数及び占有率の有意な上昇, Lactobacillus菌数の有意な増加, Bacteroidaceae占有率の有意な減少, Clostridium出現の抑制など, 腸内フローラが改善された.2) 同時に, 糞便pHは有意に低下し, 短鎖脂肪酸は増加傾向を, 腐敗産物は減少傾向を示すなど, 腸内環境が改善された. しかも, 試験の後半ほど効果が著しいことから, より長期の摂取が効果的であると考えられた.3) 摂取前の排便回数が少ない (3回/5日以下) 便秘傾向者では, 用量依存的 (10gと15g/日) に便通が改善された. しかも, 下痢などの重篤な副作用は伴わなかった.4) 相関係数の検定より, 糞便に含まれる酢酸は, 腸内環境及び便通の改善と密接な関係を持つと考えられた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (3 users, 3 posts, 1 favorites)

メモ イソマルトオリゴ糖摂取が健常人の便通と腸内環境に及ぼす影響 https://t.co/zIS6cA4hxg
@tsumitatejiro 安いね! 普通のとあまり違いがないなら料理に使いやすいと思うんだけど…、どうなんでしょ? イソマルトオリゴ糖摂取が健常人の便通と腸内環境に及ぼす影響https://t.co/UpCKa5xVBa… https://t.co/RYCkohkaT5
@gretelnomori @cuddleysblanket ヤクルトは甘さが気になっていて今調べたところ「角砂糖2個分」が含まれているそうです。砂糖は腸に微妙なところですが、お子さんにそこまでは酷ですよね。オリゴ糖というものもス… https://t.co/6bJpXvW1Gj

収集済み URL リスト