著者
下村 泰史 飯塚 隆藤
出版者
公益社団法人 日本造園学会
雑誌
ランドスケープ研究 (ISSN:13408984)
巻号頁・発行日
vol.77, no.5, pp.559-564, 2014 (Released:2015-05-22)
参考文献数
23
被引用文献数
1

In Japan’s modern era land readjustment system is a very important procedure of urban development. In the land readjustment area of Kyoto city we are able to find some historical transitions in the layout method of “machi”, the minimum unit of town community. The city’s technical guidelines in 1935 adopted street conscious method in “machi” layout. One “machi” was settled on both sides of a street. A street was the axis of a “machi”. On the other hand the new guideline in 1974 adopted block conscious method. In this way streets are borders of “machi”. The former structure is similar to the traditional one of the Kyoto city. And later is found in many contemporary new towns. In this paper we analysis the position of borders of “machi”s in many land readjustment area with GIS techniques. Firstly we show the obvious difference between the two types in numeric way. Secondly we show the fact that the block conscious method had been adopted in actual land readjustment projects earlier than the new technical guideline. And we discuss reasons of the change on the concept of “machi” layout.

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

土地区画整理事業

Twitter (6 users, 8 posts, 4 favorites)

https://t.co/TG1iLanToA 訂正:都市計画法は1919年でした。すみません(_ _) 町割の変化の論文はこちらです↓ 京都市の土地区画整理事業地における町割方法の歴史的変化について https://t.co/eR3v8Z1ikQ
参考・画像 下村 泰史, 飯塚 隆藤「京都市の土地区画整理事業地における町割方法の歴史的変化について」 https://t.co/eR3v8Z1ikQ
今日は京都市の最古の土地区画整理事業地の一つである洛北地区を歩いてきた。最古のものとしての性格は地上の風景にはなかなか顕れないが、町割の不揃いさ面積のばらつきなどにはっきり表現されている。なんのことかわからない方はこちら> https://t.co/iJ1fCKBlWA
「京都市の土地区画整理事業地における町割方法の歴史的変化について」 https://t.co/Cxt1BVbfsO

収集済み URL リスト