著者
山本 哲也 山野 美樹 田上 明日香 市川 健 河田 真理 津曲 志帆 嶋田 洋徳
出版者
一般社団法人 日本認知・行動療法学会
雑誌
行動療法研究 (ISSN:09106529)
巻号頁・発行日
vol.37, no.1, pp.33-45, 2011-01-31 (Released:2019-04-06)

本論考では、うつ病の再発に影響を及ぼすと考えられる認知機能障害について概観し、認知機能障害に焦点を当てた心理学的介入方法の有用可能性について考察を行うことを目的とした。まず、うつ病の寛解者において、記憶、注意、遂行機能の障害が持続する可能性に着目し、これらが寛解者の適応にもたらす影響について考察した。次に、認知機能障害のアセスメント、および認知機能障害自体を治療対象とすることの有用性について検討を行い、従来の認知行動療法にこれらの神経心理学的アプローチを加えることによって再発予防効果が増大する可能性を提起した。最後に今後の課題として、(1)対象サンプルや方法論の統制の必要性、(2)薬物療法が寛解後の認知機能に及ぼす影響について整理する必要性、(3)うつ病の寛解者が示す認知機能障害の特徴に特化した介入方法の開発と効果検討の必要性について論じた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 13 posts, 25 favorites)

【掲載論文】山本 哲也, 山野 美樹, 田上 明日香, 市川 健, 河田 真理, 津曲 志帆, 嶋田 洋徳, 認知機能障害に焦点を当てた心理学的介入方法がうつ病の再発予防に及ぼす効果に関する展望(展望), 行動療法研究, 2011, 37 巻, 1 号, p. 33-45 https://t.co/3tcdkgBfma
【掲載論文】山本 哲也, 山野 美樹, 田上 明日香, 市川 健, 河田 真理, 津曲 志帆, 嶋田 洋徳, 認知機能障害に焦点を当てた心理学的介入方法がうつ病の再発予防に及ぼす効果に関する展望(展望), 行動療法研究, 2011, 37 巻, 1 号, p. 33-45 https://t.co/3tcdkgBfma
【掲載論文】山本 哲也, 山野 美樹, 田上 明日香, 市川 健, 河田 真理, 津曲 志帆, 嶋田 洋徳, 認知機能障害に焦点を当てた心理学的介入方法がうつ病の再発予防に及ぼす効果に関する展望(展望), 行動療法研究, 2011, 37 巻, 1 号, p. 33-45 https://t.co/3tcdkgBfma
【掲載論文】山本 哲也, 山野 美樹, 田上 明日香, 市川 健, 河田 真理, 津曲 志帆, 嶋田 洋徳, 認知機能障害に焦点を当てた心理学的介入方法がうつ病の再発予防に及ぼす効果に関する展望(展望), 行動療法研究, 2011, 37 巻, 1 号, p. 33-45 https://t.co/3tcdkgBfma
【掲載論文】山本 哲也, 山野 美樹, 田上 明日香, 市川 健, 河田 真理, 津曲 志帆, 嶋田 洋徳, 認知機能障害に焦点を当てた心理学的介入方法がうつ病の再発予防に及ぼす効果に関する展望(展望), 行動療法研究, 2011, 37 巻, 1 号, p. 33-45 https://t.co/3tcdkgBfma

収集済み URL リスト