著者
尾之上 高哉 井口 豊 丸野 俊一
出版者
一般社団法人 日本教育心理学会
雑誌
教育心理学研究 (ISSN:00215015)
巻号頁・発行日
vol.65, no.1, pp.132-144, 2017 (Released:2017-04-21)
参考文献数
33

本研究では, 計算スキルの流暢性を形成するための指導法として, タイムトライアルに目標設定と成績のグラフ化を組み合わせた指導(実験条件)に着目し, その効果を, タイムトライアルによる指導(統制条件)の効果と比較した。比較は, 2つの実験計画, (a)3年生の2学級を対象にした統制群法, (b)4年生の1学級を対象にした基準変更デザイン法, で行った。標的スキルは掛け算九九に設定し, 従属変数は2分間のタイムトライアルにおける正答数とした。各実験計画の分析結果は, 実験条件が, 統制条件よりも, 効果が高いことを示した。つまり, (a)では, 事前事後の得点を共分散分析で検定した結果, 実験条件の方が, 事後得点が有意に高かった。(b)では, 実験条件下の成績を, 統制条件下の最高値からの変化量として, 線形混合モデルで分析した結果, 実験条件下の成績は, 統制条件下の最高値よりも, 有意に高い状態で保たれていた。最後に, 各指導による流暢性の伸びと, 社会的妥当性の各得点との関連をSpearmanの順位相関を用いて検定した結果, どちらの実験計画でも, 実験条件においてのみ, 流暢性の伸びと, 成長実感得点の間に, 有意な正の相関が認められた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 3 posts)

正解は無い,と思います。現実問題として,データの分布を見てみないと,適切な統計解析法は分かりません。だから,「明らかな間違いでなければ」良いのではありませんか?あなたが深く考えすぎのような気がします。 まず誤解しているような点から。 等分散かどうかは,パラメトリックかノンパラメトリックの選択基準ではありません。これらの用語は,パラメータ(母数),例えば,母平均や母分散を推定する ...
まず注意すべき点は, >非正規分布の場合 だからといって,単純に,U検定が適用されるわけではない,ということです。 U検定は,等分散を仮定した検定です。だから,等分散ではない場合には,それが適用できません。 その点は,私の研究室の統計解説にも書きました。 Welch検定が主流,単純t検定やANOVAは時代遅れ:Statwingの話題から http://l ...
質問1 データ内容がよく分かりません。 >学生は・・・指導法を回答 とは,どのような回答なのですか?自由記述ですか? >教員は、・・重要な項目に回答 とは,重要な項目だけ選んで回答した,という意味ですか? 質問2 >学生数と教員数に差がありますが 差というより,教員数がやや少ない(標本サイズが小さい)ことが問題になるかもしれません。 とこ ...

Twitter (3 users, 3 posts, 0 favorites)

1 1 https://t.co/DjvyDiVUES
尾之上高哉・井口豊・丸野俊一(2017) 目標設定と成績のグラフ化が計算スキルの流暢性の形成に及ぼす効果. 教育心理学研究 65 https://t.co/T8YOqmP2n8 線形混合モデルと共分散分析で統計解析した小学生に対する研究,ようやく完成

収集済み URL リスト