著者
西村 多久磨 瀬尾 美紀子 植阪 友理 マナロ エマニュエル 田中 瑛津子 市川 伸一
出版者
一般社団法人 日本教育心理学会
雑誌
教育心理学研究 (ISSN:00215015)
巻号頁・発行日
vol.65, no.2, pp.197-210, 2017 (Released:2017-09-29)
参考文献数
40
被引用文献数
4 5

本研究では, 中学生を対象に学業場面に対する失敗観の個人差を測定する尺度を作成した。その際, 子どもにとって身近で回答しやすい失敗場面を想定し(問題場面, 発表場面, テスト場面, 入試場面), これらの場面の高次因子として「学業場面の失敗観」を想定するモデルを提案した。中学生984名から得られたデータに対して探索的因子分析を行った結果, 失敗観は「失敗に対する活用可能性の認知」と「失敗に対する脅威性の認知」の2因子から構成されることが, 各場面に共通して示された。また, これら4つの場面の高次因子として「学業場面の失敗観」を想定したモデルの適合度は十分な値であった。この結果から, 高次因子モデルによって失敗観を測定するアプローチの妥当性が支持された。さらに, 理論的に関連が予想された変数との相関関係も確認され, 尺度の妥当性に関する複数の証拠が提出された。最後に, 作成された尺度を用いた今後の研究の展望について議論がなされた。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 5 favorites)

clubhouseで紹介した文献です。 ・教室にマイコンをもちこむ前に https://t.co/qKioMW6qqw ・Makeology https://t.co/NTrqSLDiQL ・学業場面に対する失敗観尺度の作成 https://t.co/mrhMcuELt4 #edu0131 #clubhouse
【論文】西村他 (2017) 学業場面に対する失敗観尺度の作成/改善につながる失敗観である「活用可能性の認知」と改善につながらない失敗観である「脅威性の認知」の2因子から構成される尺度を作成。学業場面ごとの差は特にみられない。 教訓帰納を促す際、失敗観は重要な視点。 https://t.co/QOe80HUzFZ

収集済み URL リスト