著者
向居 暁
出版者
日本教育工学会
雑誌
日本教育工学会論文誌 (ISSN:13498290)
巻号頁・発行日
vol.44, no.Suppl., pp.41-44, 2021-02-20 (Released:2021-03-08)
参考文献数
20

本研究では,都道府県(以下,県)の形とその名称の対連合学習において,素朴理論に基づいて考案された2種類の指導方法の有効性が検討された.その方法の一つは,学習教材にあるように県の形をイラスト化するものであり,もう一方は,県の形を利用して奇異性の高い,すなわち,面白おかしいイラストを付加したものであった.その結果,これらの2つの学習条件では,県の形をそのまま提示した条件よりも県名の記憶成績が低いことが明らかになった.つまり,県の形をイラスト化しても,そのイラストを面白おかしくしても,県名の記憶は促進されないことがわかった.素朴理論ではなく,科学的知識に基づいた指導方法の重要性が示唆された.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 2 posts, 5 favorites)

向居 暁(2021)都道府県の形をイラスト化しても, イラストを面白おかしくしても, 都道府県の名称は覚えられない. 日本教育工学会論文誌 県の形をイラスト化しても面白おかしくしても県名の記憶は促進されない。面白おかしいイラストはバカリズム(2010)が用いられている https://t.co/XNyhcSvomm
なお、大学関係ではないけれども下記論文は面白かったです。 都道府県の形をイラスト化しても,イラストを面白おかしくしても,都道府県の名称は覚えられない https://t.co/JkHiIYZJ8s

収集済み URL リスト