著者
藤本 修平 今 法子
出版者
日本公衆衛生理学療法研究会
雑誌
日本公衆衛生理学療法雑誌 (ISSN:21895899)
巻号頁・発行日
vol.4, no.1, pp.1-13, 2016 (Released:2018-03-16)
参考文献数
20

根拠に基づく医療の実践(Evidence based practice)は、手に入る最良のエビデンス(1本の論文ではなく、エビデンスの総体)に加え、患者の価値観、資源、専門家の経験も考慮し行うものである。最良のエビデンスを系統的に探索し、患者の価値観、益と害のバランスなどから推奨度を決定する診療ガイドラインは、まさにこのエビデンス総体に該当するはずのものである。一方、このエビデンス情報(と専門家の経験)、その情報に対する患者の理解や期待、患者の価値観/希望などをシステム的に共有し、治療の意思決定に反映するShared decision makingは、一方向的な説明に対し同意を得るというInformed consentと対比され、近年世界中で注目されている。しかしながら、理学療法士において診療ガイドラインやShared decision makingの基本的な知識を学ぶ機会は多くなく、臨床現場には反映されていない現状がある。今回は、診療ガイドラインとShared decision makingについて説明し、その可能性について考察する。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 6 posts, 2 favorites)

・患者と理学療法士の意思決定を支援する診療ガイドラインとShared decision making の重要性について(Nihon Koshyu eisei Rigakuryouho Zassi Vol.4 No.1(2016)pp.1-13 ) https://t.co/o318AfMmEo
回復期勤務だが、患者さんはリハビリをすることが当たり前となっている可能性がある。目標共有のもと課題に取り組めているのだろうか。 J-STAGE Articles - 患者と理学療法士の意思決定を支援する診療ガイドラインとShared decision makingの重要性について https://t.co/9SsUwc4qYt
患者と理学療法士の意思決定を支援する診療ガイドライン と Shared decision making の重要性について https://t.co/lEFtTd5hm9
診療ガイドラインは、エビデンスの高い治療を選択する側面と、かつ医療者と患者との意思決定支援、コミュニケーションツールになる事が大事だと思いました。 理学療法診療ガイドライン2020が楽しみです! https://t.co/0t2N5gca4q
今日の行い 読んだ ・https://t.co/3mFF7oLfER ・https://t.co/j48P2yxMtq 見た ・https://t.co/d6jy4fj0vB ・https://t.co/sy5H00SGxY
診療ガイドラインと共有意思決定(shared decision making)はセットで勉強しないと。。。 まずはこの総説から孫引きで勉強してみよう https://t.co/ArAkKotcZ5 https://t.co/Exaa6k1XKr

収集済み URL リスト