著者
金政 祐司 荒井 崇史 島田 貴仁 石田 仁 山本 功
出版者
公益社団法人 日本心理学会
雑誌
心理学研究 (ISSN:00215236)
巻号頁・発行日
pp.89.17207, (Released:2018-05-25)
参考文献数
25
被引用文献数
2

This study aimed to reveal the risk factors for a person to perpetrate stalking-like behaviors following the end of a romantic relationship based on personality traits (attachment anxiety and narcissism), the characteristics of a romantic relationship before a breakup, and the emotions and thoughts of a person after a breakup. To develop two scales measuring the characteristics of a romantic relationship before a breakup and the emotions and thoughts of a person after a breakup, a web-based survey of 189 females and 165 males was conducted in Study 1. In Study 2, a national survey was conducted using two-stage stratified sampling; 106 females and 110 males who experienced the end of a romantic relationship during the past five years and did not initiate their most recent breakup were analyzed. The results of a multiple-group analysis revealed that both attachment anxiety and feelings that a partner was his/her “one and only” increased egoistic preoccupations after a breakup, and the egoistic preoccupations predicted the perpetration of stalking-like behaviors in both males and females.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

言葉通りの好きだからと言う訳ではありません。本質的には「執着」です。 好意も当然含まれますが、別の感情も「同時に」共存する事が可能です。 https://ci.nii.ac.jp/naid/120005577116/ 今回の調査では「つきまとい」行動に伴う気持ちについての 6 つのカテゴリーを抽出した。 この 6 つの内,[好意],[接近欲求],[要求・期待],[逸脱した感情・思考 ...

Twitter (5 users, 5 posts, 1 favorites)

【ストーカー】 付き合っている時に、見捨てられる不安を感じたり、この人しか自分にはいないと思う唯一性が高い人は、別れた後に相手に過度に執着する傾向も高く、その結果ストーカー行為に及ぶそうな。 https://t.co/6uJ6ZIjngQ
J-STAGE Articles - 親密な関係破綻後のストーカー的行為のリスク要因に関する尺度作成とその予測力 https://t.co/w1VCuuizOh
【「心理学研究」新着早期公開論文(5月分)】 親密な関係破綻後のストーカー的行為のリスク要因に関する尺度作成とその予測力 早期公開はこちら https://t.co/0avDzvzjwA 日本語アブストラクトはこちら https://t.co/K22AW5Zj1A

収集済み URL リスト