日本心理学会 (@jpa_psych)

投稿一覧(最新100件)

【「心理学研究」新着早期公開論文(2月分)】 ステレオタイプ抑制における反ステレオタイプと非優位ステレオタイプの役割 https://t.co/VXSYuES1yG
【「心理学研究」新着早期公開論文(2月分)】 感謝された後に向社会的行動が起こるまでの心理過程 https://t.co/N8kUa0Ivd2
【「心理学研究」新着早期公開論文(2月分)】 家庭裁判所係属少年における機能的攻撃性尺度の妥当性の再検討 https://t.co/87SOoYiDwU
【「心理学研究」新着早期公開論文(1月分)】 日本語版嫌悪尺度(DS-R-J)の因子構造,信頼性,妥当性の検討 https://t.co/rFZdbWG0xe
【「心理学研究」新着早期公開論文(1月分)】 制御適合がメッセージの評価に及ぼす影響の検討 https://t.co/Tz6NKmi17k
【「心理学研究」新着早期公開論文(1月分)】 社会的価値志向性が信頼性判断とその情報探索に与える影響 https://t.co/veZtwsSD8i
【「心理学研究」新着早期公開論文(1月分)】 メタステレオタイプと平等主義的な信念が集団間相互作用に及ぼす影響 https://t.co/CaHBs3Rque
【「心理学研究」新着早期公開論文(1月分)】 日本語版強欲傾向尺度の作成 https://t.co/KKW3G5gF40
【「心理学研究」新着早期公開論文(1月分)】 学業場面における誘惑対処方略の有効性の検討 https://t.co/TNF0LugSGe
コンテンツ作者の村山綾さんらによる「心理学研究」所収の論文はこちらでお読みいただけます(本文は日本語です)→「被害者非難と加害者の非人間化――2種類の公正世界信念との関連――」https://t.co/DiTZbA6luj https://t.co/jakdXrUyzT
【心理学研究新着公開論文】芸術学習と外界や他者による触発――美術専攻・非専攻学生の比較―― https://t.co/UDyuFxkYGw
【「心理学研究」新着早期公開論文(11月分)】 学級の社会的目標の提示が心理的リアクタンスと目標の共有に及ぼす影響 https://t.co/H5GNCzk3kG
【「心理学研究」新着早期公開論文(11月分)】 匂い手がかりによって喚起される自伝的記憶特性質問紙(OEAMQ)の開発 https://t.co/CIePQnkJf4
【「心理学研究」新着早期公開論文(11月分)】 予防焦点は創造性課題の取り組み時に粘り強い解答をもたらすか? https://t.co/0AHz8N2m5o
【「心理学研究」新着早期公開論文(11月分)】 性犯罪者の犯行の否認・責任の最小化と再犯との関連の検討 https://t.co/iGyJPn61Al
【「心理学研究」新着早期公開論文(11月分)】 見慣れた文字だと納得しやすい――筆跡の反復接触による説得効果の促進―― https://t.co/y1tmdJ65ap
【「心理学研究」新着早期公開論文(11月分)】 被援助場面で経験される感謝感情と負債感情の生起過程モデルの検討 https://t.co/05e4ZqSvLy
【「心理学研究」新着早期公開論文(11月分)】 メンタルヘルス不調による休職者の自己価値の随伴性 https://t.co/33eyK79Bzh
【「心理学研究」新着公開論文】作動記憶負荷が物語への共感的反応に及ぼす影響 https://t.co/Tjr7X1SZtx
【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】 動作法体験をモデル化する試み――学生との1セッションのデータから―― https://t.co/wF9FRMFmj1
【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】 資金獲得に伴う不確実性は他者のためのリスク選択に影響するか https://t.co/zJvaWMthbT
【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】 音韻的親近性が語彙判断を促進する――意味分類との相違―― https://t.co/n84dSdIePm
【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】 伝統的な男性役割態度尺度の作成と信頼性・妥当性の検証 https://t.co/CzfLJM7Txg
【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】 スポーツ競技者のパフォーマンス低下を抑制するマインドフルネスの役割 https://t.co/wWIduoslFK
【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】 中学生対象日本語版BRIEF構成概念妥当性の検証と標準化 https://t.co/RUZX144VMU
【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】 心的回転における身体への類推と性差 https://t.co/FfkPsIosQj
【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】 死に対する恐怖および回避が健康行動に及ぼす影響 https://t.co/nhSWa2WOPc
【「心理学研究」新着早期公開論文(9月分)】 職場におけるフォロワーが表出するユーモアの循環的影響 https://t.co/Xc6oIe0s90
布井先生のプレゼンテーションが行われています。 https://t.co/5AD4cgPf7P https://t.co/bKBufLDAVT
梶村先生のプレゼンテーションが行われています。 https://t.co/HvD0g7ba2Y https://t.co/EAa0K1Ztzb
【「心理学研究」新着公開論文】過去経験が集合的効力感に及ぼす影響――成員の道具性に着目した検討―― https://t.co/VC9P5gLUD2
【平成29年優秀論文賞】金布井雅人・吉川左紀子「表情の快・不快情報が選好判断に及ぼす影響――絶対数と割合の効果――」(心理学研究第87巻第4号)https://t.co/5AD4cgPf7P
【平成29年優秀論文賞】梶村昇吾・野村理朗「日本語版DDFSおよびMWQの作成」(心理学研究第87巻第1号)https://t.co/HvD0g7ba2Y DDFSは自発的思考傾向,MWQはマインドワンダリング傾向を測定する尺度.
【心理学研究・早期公開(7月分)】小川・横山・亀田「日本語版ToM Localizer for fMRIの開発」 https://t.co/VHqZ5icNxx
【心理学研究・早期公開(7月分)】島田・荒井「脅威アピールでの被害の記述と受け手の脆弱性が犯罪予防行動に与える影響」 https://t.co/YnWGAq2dqn

お気に入り一覧(最新100件)

フォロー(6ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

フォロワー(1735ユーザ)の投稿一覧(直近7日間)

環境資源の認知尺度(井隼・中村, 2008) キーワード:レジリエンス 因子:家族資源(7項目),友達資源(6項目),仲間・先輩資源(7項目) 評定:5件法 https://t.co/cQHC8fnOYk
RT @ryusukematsuo: ドロテー・ボーレ/ベーラ・グレシュコヴィッチ『欧州周辺資本主義の多様性――東欧革命後の軌跡』(ナカニシヤ出版,2017年)の書評(評者:家本博一)が『比較経済研究』55巻1号に掲載.DL可能. https://t.co/Txm4eiU5Cy…
RT @jgda_pr: 【実験社会心理学研究・掲載論文】石盛真徳・小杉考司・清水裕士・藤澤隆史・渡邊太・武藤杏里(2017) マルチレベル構造方程式モデリングによる夫婦ペアデータへのアプローチ:中年期の夫婦関係のあり方が夫婦関係満足度,家族の安定性,および主観的幸福感に及ぼす…
【実験社会心理学研究・掲載論文】石盛真徳・小杉考司・清水裕士・藤澤隆史・渡邊太・武藤杏里(2017) マルチレベル構造方程式モデリングによる夫婦ペアデータへのアプローチ:中年期の夫婦関係のあり方が夫婦関係満足度,家族の安定性,およ… https://t.co/cM1BtnXi6w
RT @EICEAR: 不正確な情報の場合は深刻な風評被害になってしまうのでいちおうソースの論文を貼っておきます https://t.co/RPJVBqyGSb
RT @EICEAR: 不正確な情報の場合は深刻な風評被害になってしまうのでいちおうソースの論文を貼っておきます https://t.co/RPJVBqyGSb
RT @jgda_pr: 【実験社会心理学研究・掲載論文】日高友郎・水月昭道・サトウタツヤ(2014) サイエンスカフェにおけるファシリテーターの集団維持機能:市民―科学者間の会話を支える要因に注目して https://t.co/olCxMrsnqM
【実験社会心理学研究・掲載論文】日高友郎・水月昭道・サトウタツヤ(2014) サイエンスカフェにおけるファシリテーターの集団維持機能:市民―科学者間の会話を支える要因に注目して https://t.co/olCxMrsnqM
RT @EICEAR: 不正確な情報の場合は深刻な風評被害になってしまうのでいちおうソースの論文を貼っておきます https://t.co/RPJVBqyGSb
RT @EICEAR: 不正確な情報の場合は深刻な風評被害になってしまうのでいちおうソースの論文を貼っておきます https://t.co/RPJVBqyGSb
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(2月分)】 感謝された後に向社会的行動が起こるまでの心理過程 https://t.co/N8kUa0Ivd2
RT @BotKmgi: CiNii 論文 - 基調講演「普遍主義・選別主義・ターゲッティング― 社会福祉の対象設定のあり方―」 https://t.co/bxP4MPYdZj
メモ 動物園における野生動物福祉の査定 - https://t.co/kXxI8Stmx7 #ScholarAlerts
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(2月分)】 ステレオタイプ抑制における反ステレオタイプと非優位ステレオタイプの役割 https://t.co/VXSYuES1yG
チョコレート1個だけのつもりが気付いたら4つくらい食べてて、絶対なんか依存性とかあるやろと思ったけど、今のところこのくらいのエビデンスしか発見できてない チョコレートの味と香りに対する快適感と性別およびパーソナリティの関係 https://t.co/uzwlKIct6a
RT @yohei1115: 読み返さねばな。 J-STAGE Articles - 「正の強化」を手段から目的へ(<特集>ノーマライゼーションと行動分析) https://t.co/PoltWlDtEK
RT @jgda_pr: 【実験社会心理学研究・掲載論文】谷口淳一・清水裕士(2017) 大学新入生の自己高揚的自己呈示が友人関係の形成と自尊心に及ぼす影響―APIMを用いたペア縦断データの分析― https://t.co/B803DP3Kqa
RT @jgda_pr: 【実験社会心理学研究・掲載論文】谷口淳一・清水裕士(2017) 大学新入生の自己高揚的自己呈示が友人関係の形成と自尊心に及ぼす影響―APIMを用いたペア縦断データの分析― https://t.co/B803DP3Kqa
【実験社会心理学研究・掲載論文】谷口淳一・清水裕士(2017) 大学新入生の自己高揚的自己呈示が友人関係の形成と自尊心に及ぼす影響―APIMを用いたペア縦断データの分析― https://t.co/B803DP3Kqa
中学生のスクールカーストと学校適応の関連 https://t.co/1AcWqYSrEI
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(2月分)】 ステレオタイプ抑制における反ステレオタイプと非優位ステレオタイプの役割 https://t.co/VXSYuES1yG
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(2月分)】 感謝された後に向社会的行動が起こるまでの心理過程 https://t.co/N8kUa0Ivd2
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(2月分)】 感謝された後に向社会的行動が起こるまでの心理過程 https://t.co/N8kUa0Ivd2
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(2月分)】 感謝された後に向社会的行動が起こるまでの心理過程 https://t.co/N8kUa0Ivd2
これも大切。でも、実際の場面で検証して行くのは難しい…。故に、これらの視点にたった実践報告を積み上げて行くしかあるまい。 J-STAGE Articles - 行動的QOL : 「行動的健康」へのプロアクティブな援助 https://t.co/CX2AqdMxmO
読み返さねばな。 J-STAGE Articles - 「正の強化」を手段から目的へ(<特集>ノーマライゼーションと行動分析) https://t.co/PoltWlDtEK

32 32 32 0 OA 社会意識の構造

RT @han_org: 「決められる政治」というとこれを思い出す。城戸浩太郎・杉政孝(1954)による日本ファシズム尺度。 https://t.co/rZv7PxYuj7 https://t.co/MEF88ktO3j

32 32 32 0 OA 社会意識の構造

RT @han_org: 「決められる政治」というとこれを思い出す。城戸浩太郎・杉政孝(1954)による日本ファシズム尺度。 https://t.co/rZv7PxYuj7 https://t.co/MEF88ktO3j

32 32 32 0 OA 社会意識の構造

RT @han_org: 「決められる政治」というとこれを思い出す。城戸浩太郎・杉政孝(1954)による日本ファシズム尺度。 https://t.co/rZv7PxYuj7 https://t.co/MEF88ktO3j
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(2月分)】 家庭裁判所係属少年における機能的攻撃性尺度の妥当性の再検討 https://t.co/87SOoYiDwU
【実験社会心理学研究・掲載論文】田原直美・三沢良・山口裕幸(2013) チーム・コミュニケーションとチームワークとの関連に関する検討 https://t.co/G8bvlGeQBA
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(2月分)】 ステレオタイプ抑制における反ステレオタイプと非優位ステレオタイプの役割 https://t.co/VXSYuES1yG
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(2月分)】 感謝された後に向社会的行動が起こるまでの心理過程 https://t.co/N8kUa0Ivd2
RT @jpa_psych: 【「心理学研究」新着早期公開論文(2月分)】 感謝された後に向社会的行動が起こるまでの心理過程 https://t.co/N8kUa0Ivd2
RT @ogawatam: 私は若い女性から「高齢女性が自分の被害を話すのとか見てて恥ずかしい」って言われたことがあるんだけど、「ドイツの調査では、児童期の性的虐待被害について被害者が初めて他人に話すことができた平均年齢は46歳」(引用:https://t.co/W2R5aP3…
「エビデンス」に向き合うために求められる倫理的資質とは 杉田 浩崇 月刊愛媛ジャーナル 30(12) 86-89 2017年6月 https://t.co/6Z4ewRnQv6
読む J-STAGE Articles - 協同問題解決における観察の効果とその意味:観察対象の動作主体に対する認識が洞察問題解決に及ぼす影響 https://t.co/AdEvegyBEo
RT @jgda_pr: 【実験社会心理学研究・掲載論文】岩谷舟真・村本由紀子(2017) 多元的無知の先行因についての検討―他者の選好推測に注目して― https://t.co/cw77ziOcfi
【実験社会心理学研究・掲載論文】岩谷舟真・村本由紀子(2017) 多元的無知の先行因についての検討―他者の選好推測に注目して― https://t.co/cw77ziOcfi
RT @coda_1984: CiNii 論文 -  文学教育のための物語論 https://t.co/fVw3jgiudD #CiNii
RT @BotKmgi: CiNii 論文 - 意思決定支援をめぐる国内の論議の動向 https://t.co/vtKAt56a4N
RT @ogawatam: 私は若い女性から「高齢女性が自分の被害を話すのとか見てて恥ずかしい」って言われたことがあるんだけど、「ドイツの調査では、児童期の性的虐待被害について被害者が初めて他人に話すことができた平均年齢は46歳」(引用:https://t.co/W2R5aP3…
RT @jgda_pr: 【実験社会心理学研究・掲載論文】織田涼・服部雅史・八木保樹(2015) 他者の行動予測における検索容易性の間接的影響:特性についての期待の影響からの検討 https://t.co/8aFuwk2pEz
RT @jgda_pr: 【実験社会心理学研究・掲載論文】織田涼・服部雅史・八木保樹(2015) 他者の行動予測における検索容易性の間接的影響:特性についての期待の影響からの検討 https://t.co/8aFuwk2pEz
【実験社会心理学研究・掲載論文】織田涼・服部雅史・八木保樹(2015) 他者の行動予測における検索容易性の間接的影響:特性についての期待の影響からの検討 https://t.co/8aFuwk2pEz
知覚心理学では因果知覚(causal perception), 認知心理学では因果帰納(causal induction)や因果推論(causal inference), 学習心理学では随伴性判断(contingency judg… https://t.co/wwvtpWt5gb
RT @ogawatam: 私は若い女性から「高齢女性が自分の被害を話すのとか見てて恥ずかしい」って言われたことがあるんだけど、「ドイツの調査では、児童期の性的虐待被害について被害者が初めて他人に話すことができた平均年齢は46歳」(引用:https://t.co/W2R5aP3…
電車に乗ってちょっと遠出。 車中で読みました。循環気質というのは、Cloningerのモデルで言うと、新奇性追求と報酬依存が高いということかな。 Cloningerの気質・性格モデルとBig Fiveモデルとの関連性 https://t.co/ViQznj9BOa
RT @ogawatam: 私は若い女性から「高齢女性が自分の被害を話すのとか見てて恥ずかしい」って言われたことがあるんだけど、「ドイツの調査では、児童期の性的虐待被害について被害者が初めて他人に話すことができた平均年齢は46歳」(引用:https://t.co/W2R5aP3…
RT @ogawatam: 私は若い女性から「高齢女性が自分の被害を話すのとか見てて恥ずかしい」って言われたことがあるんだけど、「ドイツの調査では、児童期の性的虐待被害について被害者が初めて他人に話すことができた平均年齢は46歳」(引用:https://t.co/W2R5aP3…
RT @ogawatam: 私は若い女性から「高齢女性が自分の被害を話すのとか見てて恥ずかしい」って言われたことがあるんだけど、「ドイツの調査では、児童期の性的虐待被害について被害者が初めて他人に話すことができた平均年齢は46歳」(引用:https://t.co/W2R5aP3…
プログラミング初学者にむけたアルゴリズム的思考法習得のための学習支援手法.鈴木優実,松村敦,宇陀則彦(筑波大学) https://t.co/9gNnPfzBUI
RT @ogawatam: 私は若い女性から「高齢女性が自分の被害を話すのとか見てて恥ずかしい」って言われたことがあるんだけど、「ドイツの調査では、児童期の性的虐待被害について被害者が初めて他人に話すことができた平均年齢は46歳」(引用:https://t.co/W2R5aP3…
オーストラリアの小学校におけるプログラミング教育に関する調査~日本のプログラミング教育の課題に着目して~内田早紀子(筑波大学大学院),松村敦(筑波大学) https://t.co/DV5GpxCZqT
RT @ogawatam: 私は若い女性から「高齢女性が自分の被害を話すのとか見てて恥ずかしい」って言われたことがあるんだけど、「ドイツの調査では、児童期の性的虐待被害について被害者が初めて他人に話すことができた平均年齢は46歳」(引用:https://t.co/W2R5aP3…
RT @jgda_pr: 【実験社会心理学研究・掲載論文】相馬敏彦・礒部智加衣(2017) 社会的動機は個人を超えて影響をもつか?ダイアド関係における社会的接近動機の収束プロセス https://t.co/DrlEe5Pcdp
【実験社会心理学研究・掲載論文】相馬敏彦・礒部智加衣(2017) 社会的動機は個人を超えて影響をもつか?ダイアド関係における社会的接近動機の収束プロセス https://t.co/DrlEe5Pcdp
RT @ogawatam: 私は若い女性から「高齢女性が自分の被害を話すのとか見てて恥ずかしい」って言われたことがあるんだけど、「ドイツの調査では、児童期の性的虐待被害について被害者が初めて他人に話すことができた平均年齢は46歳」(引用:https://t.co/W2R5aP3…