著者
高橋 友明 畑 幸彦 石垣 範雄 雫田 研輔 田島 泰裕 三村 遼子 前田 翔子
出版者
一般社団法人 日本農村医学会
雑誌
日本農村医学会雑誌 (ISSN:04682513)
巻号頁・発行日
vol.65, no.4, pp.804-808, 2016 (Released:2017-01-13)
参考文献数
5

我々は,先行研究で腱板機能不全患者は僧帽筋上部線維の過剰な収縮と下部線維の活動低下が肩甲帯筋のアンバランスを生み,それによって腱板の機能不全を引き起こすと述べた。本研究の目的は,我々が行なっている肩甲骨周囲筋のアンバランスを矯正するための『肩甲帯筋トレーニング』の効果を明らかにすることである。対象は肩関節に愁訴のない健常人50例100肩で,下垂位最大外旋位(棘下筋テストの肢位)で男性は5kg負荷,女性は3kg負荷で3秒間保持を3回実施し,同時に僧帽筋の筋活動を計測した。次に肩甲帯筋トレーニングを5秒間2回実施後に前述と同様の方法で筋活動を計測し,トレーニング前後での筋活動量と利き手・非利き手側間での筋活動量を比較した。なお,測定筋は僧帽筋上部・中部および下部線維であり,表面筋電計Noraxon 社製MyoSystem 1400Aを用いて得られた波形を筋活動量として,3秒間の筋活動量積分値を最大随意収縮で正規化した活動量%MVCを算出した.僧帽筋上部線維の筋活動量はトレーニング後が前より有意に抑制されており(p<0.05),僧帽筋中部・下部線維の筋活動量はトレーニング後が前より有意に多かった(p<0.05)。今回の結果から,我々が行なっている肩甲帯筋トレーニングは,肩甲骨周囲筋のアンバランスを改善し,肩甲骨の安定化に寄与している可能性が示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 9 posts, 20 favorites)

肩関節周囲炎患者など腹臥位で上肢挙上できない人が多いので、これは臨床でも使ってます。 https://t.co/pGTiS4cB3A https://t.co/TMHbbDoJ5H
肩甲帯周囲筋トレーニング効果 健常成人100肩で実施。結果、僧帽筋上部線維の活動が抑制され、僧帽筋中部、下部線維の筋活動量が増加した。 肩関節疾患の患者さんに多い代償でみられる僧帽筋上部の過活動を抑制し、弱化しやすい下部線維の賦活を担う一石二鳥の運動! https://t.co/DAEJkqR1Iy https://t.co/Hhplly0JoH
@FujiiJumbo 是非ご活用下さい! https://t.co/dvJXH6NZsR 参考文献ありますので是非ご覧ください!

収集済み URL リスト