著者
熊谷 慎一郎
出版者
国立研究開発法人 科学技術振興機構
雑誌
情報管理 (ISSN:00217298)
巻号頁・発行日
vol.54, no.12, pp.797-807, 2012 (Released:2012-03-01)
参考文献数
5
被引用文献数
1 or 0

東日本大震災の発生から9か月あまりを経過した現在,被災した宮城県内の公共図書館を中心に被害状況・復旧状況を概観する。震災による被害は,地震に伴って発生した大津波による被害だけではなく,地震の揺れによる建物被害もあり,このことがあまり一般に報道されていないことを指摘した。宮城県図書館は,県域の公共図書館への復興支援として,各種事業を間接支援・直接支援という大きく2つの軸で展開した。これらの事業の主なものを紹介する。中でも,南三陸町図書館の再開までの支援について,詳細に取り上げる。さらに,県立図書館が,支援者と受援者の間で機能する役割を担っていることを明らかにし,中間組織の必要性を検討した。何が課題としてあるのかを指摘し,今後,大規模災害が発生した時に必要な支援のあり方について,現時点での考察を試みた。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (2 users, 2 posts)

[東日本大震災][図書館]

Twitter (44 users, 48 posts, 28 favorites)

図書館の復旧に向けては県立図書館の役割が重要になります。宮城県図書館の経験を参考にしましょう。 https://t.co/z2kv2JJ8YE #saveMLAK
#saveMLAK RT @qkmode: 宮城県における公共図書館の状況を書きました。「東日本大震災からの図書館の復旧・復興支援 宮城県図書館の役割」です。(略)図書館に興味のない方にも、むしろ、震災支援活動をしている人にも読んで欲しい。http://t.co/HwkJ9vg5
#南三陸 RT @qkmode: まちづくりに関わっていらっしゃる方が、図書館を活かして欲しい。そのためにも、日本の、東北の、宮城の図書館が、どんな状況で、どんな被災をしたのか、について、共通の枠組みで話をしたいのです。 http://t.co/H5cmkU9R
まちづくりに関わっていらっしゃる方が、図書館を活かして欲しい。そのためにも、日本の、東北の、宮城の図書館が、どんな状況で、どんな被災をしたのか、について、共通の枠組みで話をしたいのです。 http://t.co/KImmrE5T
宮城県における公共図書館の状況を書きました。ネット上でも読めます。「東日本大震災からの図書館の復旧・復興支援 宮城県図書館の役割」です。かなりのページを頂きました。図書館に興味のない方にも、むしろ、震災支援活動をしている人にも読んで欲しい。http://t.co/KImmrE5T
#saveMLAK 「情報管理」Vol. 54 (2011) , No. 12に熊谷慎一郎(@qkmode)さんの「東日本大震災からの図書館の復旧・復興支援 宮城県図書館の役割」が掲載されました。 http://t.co/rxaJfITt

収集済み URL リスト