著者
大竹 哲士 岸本 達也
出版者
公益社団法人 日本都市計画学会
雑誌
都市計画論文集 (ISSN:09160647)
巻号頁・発行日
vol.52, no.3, pp.263-269, 2017-10-25 (Released:2017-10-25)
参考文献数
10

首都圏の鉄道駅のエスカレータでは、右側を歩き左側で立ち止まって利用することが一般的である。この研究は鉄道駅のエスカレータにおけるそのような歩行者流動の詳細を明らかにすることが目的である。観察調査を首都圏の乗降客数の多い8つの駅にて行った。分析の結果、通過人数が増えると歩行者が増えること、レベル差が大きいと歩行者が減ること、高速エスカレータ、併設して階段があるエスカレータでは歩行者が減る傾向があることがわかった。エスカレータの単位あたりの通過人数である流動係数を算出し、また全員が立ち止まって利用したと仮定したときの流動係数を算出して、その2つを比較した。その結果、多くのエスカレータで全員が立ち止まって利用したときのほうが運搬効率が良くなる可能性が高いことが判明した。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (15 users, 15 posts, 4 favorites)

I in these days often use escalator where many pedestrians transit. Turns out its efficiency of transition is terri… https://t.co/Bs3CyxLLhU
https://t.co/DGugm58d3Z 東京と横浜の計8駅を調査した研究でも、両側立ちを導入した場合に予想される流動係数は上がる駅と下がる駅に分かれている。
@sasasasasa339 現実的でないとまで強く否定はできないと思い,実測データを探してみました. https://t.co/VILTrvSzaT 東京の実測値でも流動性は上がる場合があり,決め手となるのは歩行割合のようです.

収集済み URL リスト