著者
大竹 哲士 岸本 達也
出版者
公益社団法人 日本都市計画学会
雑誌
都市計画論文集 (ISSN:09160647)
巻号頁・発行日
vol.52, no.3, pp.263-269, 2017-10-25 (Released:2017-10-25)
参考文献数
10

首都圏の鉄道駅のエスカレータでは、右側を歩き左側で立ち止まって利用することが一般的である。この研究は鉄道駅のエスカレータにおけるそのような歩行者流動の詳細を明らかにすることが目的である。観察調査を首都圏の乗降客数の多い8つの駅にて行った。分析の結果、通過人数が増えると歩行者が増えること、レベル差が大きいと歩行者が減ること、高速エスカレータ、併設して階段があるエスカレータでは歩行者が減る傾向があることがわかった。エスカレータの単位あたりの通過人数である流動係数を算出し、また全員が立ち止まって利用したと仮定したときの流動係数を算出して、その2つを比較した。その結果、多くのエスカレータで全員が立ち止まって利用したときのほうが運搬効率が良くなる可能性が高いことが判明した。
著者
岸本 達也
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.64, no.521, pp.227-235, 1999-07-30 (Released:2017-02-03)
参考文献数
23
被引用文献数
1

In this paper, facilities location model based on Spatial Interaction Models (SIM) is concerned. Initially outlines of SIM and location problem based on SIM are described. Secondly, a new model of SIM which is developed from Non-constraint type of SIM is proposed. In this model a new concept Maximum Realized Demand is applied. Next a location problem to maximize the sum of realized demand is proposed which is based on developed SIM. A method of solution based on Stochastic Descent Method and Stochastic Approximation Method is presented, and the effectiveness of presented method is confirmed through numerical analyses. Finally, 3 simulations of optimal location analyses are shown, and characteristics of presented location model are examined.
著者
上野 純平 岸本 達也
出版者
公益社団法人 日本都市計画学会
雑誌
都市計画論文集 (ISSN:09160647)
巻号頁・発行日
vol.43.3, pp.49-54, 2008-10-25 (Released:2017-01-01)
参考文献数
6

近年、都心部の鉄道周辺地域を中心に再開発事業がさかんである。再開発事業により駅周辺地域の建築物や駅施設が複合かつ多層になっていくことで、駅施設の魅力が上がり今度もその駅を利用する人が増加していく一方で、駅の利用者からすれば複雑な空間形態に加えて多くの歩行者が行き交い各々の目的地までに行くのに分かりづらい空間形態になっていくことが予想される。本研究では、このような空間形態を「複雑多層空間」と定義した。このような複雑多層空間内で、人々は何を基準に経路選択をしているのだろうか。それをスペース・シンタックス理論(以下、SS理論)を用いて定量的に分析することが本研究の目的である。本研究では東京都渋谷区にある渋谷駅を事例対象として分析を行った。歩行者流動を実測し、SS理論を用いて空間形態を分析し、それらの結果を用いて歩行者流動を表す重回帰モデル式を作成した。その結果、「視野範囲の広さ」と「ターン回数の少なさ」及び「最短距離で歩けること」が経路選択時において重要な影響を与えることが明らかになった。
著者
永田 暢彦 岸本 達也
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会技術報告集 (ISSN:13419463)
巻号頁・発行日
vol.16, no.34, pp.1197-1200, 2010-10-20 (Released:2010-10-20)
参考文献数
5

Although both involve spatial data, relationship between GIS and Space Syntax software has not been well researched and using GIS data for Space Syntax analyses has not been an easy operation. In this research, newly developed software, “PASTA”, which uses GIS data for Space Syntax analyses, is developed. PASTA is segment-analysis-based software and axial analysis can also be performed with automatically generated axial maps. PASTA handles both shape data and table data to makes full use of GIS data. Besides, the result is compared to hand-drawn axial map to clarify characteristics and problems of using GIS data for spatial analysis.
著者
小野原 靖 岸本 達也
出版者
一般社団法人日本建築学会
雑誌
日本建築学会技術報告集 (ISSN:13419463)
巻号頁・発行日
no.20, pp.279-284, 2004-12-20
被引用文献数
3

In this paper, Virtual Reality System for Streetscape and Street space evaluation using the Virtual Reality system is presented. Firstly, studies on VR System using scale models, CAD models, and VR system with both scale models and CAD models in literatures are investigated. Secondly, light and small VR system using the combination of HMD and 3 axes gyro sensor, which provides view stereoscopic environments and enable us to view all direction of Streetscape, is presented. Thirdly the adaptability of this system for the Streetscape and space evaluation is investigated through two experiments. The sense of Height, Volume, Amenity, Depth, and Activeness of different stand points and those by different streets which have different width are investigated and several features of sense of Street space are clarified by the VR system.
著者
岸本 達也
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会計画系論文集 (ISSN:13404210)
巻号頁・発行日
vol.65, no.529, pp.233-239, 2000
被引用文献数
1 2

In this paper, Multi-layered Structure of facilities system and Multi-layered Facilities Location Problems that minimize the sum of travel costs are proposed. To analyze optimal location, 2 facilities complexes location problem on a segment is concerned. Optimal solution is derived analytically, and system configuration to obtain the solution on a segment and char- acteristics of optimal locations are investigated. Also, a heuristic method of solution is presented, which is applicable to location problem in N-dimensional Euclidean space. Through computational simulations, the effectiveness of presented algorithm is confirmed. Finally, various facilities complexes including obnoxious facilities locations with multi-layered structure are demonstrated, and their optimal locations are investigated.