著者
八幡 憲明 石井 礼花
出版者
日本生物学的精神医学会
雑誌
日本生物学的精神医学会誌 (ISSN:21866619)
巻号頁・発行日
vol.22, no.4, pp.253-256, 2011 (Released:2017-02-16)
参考文献数
11

注意欠如・多動性障害(ADHD)は,発達の水準に不相応な不注意・多動・衝動性という3 つの行動的特長を呈する障害である。従来,その病態においては実行機能の障害が示唆されていたが,近年は主に衝動性との関連から報酬系回路の障害も指摘されている。本稿では,ADHD患者において報酬系回路の活動性を検討することの意義について述べ,同分野における最近の脳機能画像研究をまとめると共に,今後の研究の発展性について検討を行う。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 8 posts, 18 favorites)

【報酬系を通した注意欠如・多動性障害の病態理解】 ADHDは特に実行機能の障害が大きく、自己抑制が効きにくい。 つまり、少し我慢すればさらに多くの報酬があるとしても、目先の報酬を取ってしまう。確かに。笑 #ADHD参考文献 https://t.co/IYprqJaxTb
@haru14913 よかったらどうぞ。 脳機能画像法を用いた研究報告です。 タイトル「報酬系を通した注意欠如・多動性障害の病態理解」 https://t.co/Na7x03qTx0 日本生物学的精神医学会誌 22 巻 4 号 八幡 憲明 石井 礼花
報酬系を通した注意欠如・多動性障害の病態理解 jstageのアカウントこの前作ったばかりなのにパスワードかアカウント名をもう忘れてしまった。 https://t.co/jNiDQjrOoc
https://t.co/duUKWsoglm

収集済み URL リスト