著者
黒川 駿哉 岸本 泰士郎 真田 健史 三村 將
出版者
日本生物学的精神医学会
雑誌
日本生物学的精神医学会誌 (ISSN:21866619)
巻号頁・発行日
vol.30, no.2, pp.55-59, 2019 (Released:2019-12-28)
参考文献数
21

腸内細菌叢とその代謝産物が,腸を介して脳に作用し,相互に影響し合うという腸内フローラ‐腸‐脳軸(microbiota‐gut‐brain axis)が注目されている。自閉症スペクトラム障害(autism spectrum disorder:ASD)は精神神経科領域において,microbiota‐gut‐brain axisについての報告が最も多い疾患の一つである。健常と比べてASDでは特定の菌種・構成パターンの違いや多様性の乱れ(dysbiosis)が報告されている一方で,このdysbiosisを復する目的で,腸内細菌叢移植(fecal microbiota transplantation:FMT)などの新しい試みについての報告も出てきている。本稿では,最新の腸内細菌叢の観察研究および介入研究について紹介し,治療応用や病態理解の可能性など今後の展望について述べる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (15 users, 15 posts, 32 favorites)

@Dr_nora_SRI @49sick89hack 腸内細菌叢が自閉症スペクトラム障害と関連している、とかは「脳以外で起きてる精神的事象」と言ってもいいかもしれません。まあ脳を介してるのは間違いないんですが。 https://t.co/NH8KUQb0cq
腸内細菌と精神状態 https://t.co/xLhGsbIUKI
ちなみに 三上 克央「腸内細菌と発達障害」 https://t.co/A2n3TtJB71 黒川 駿哉, 岸本 泰士郎, 真田 健史, 三村 將「腸内細菌と自閉症スペクトラム障害」 https://t.co/T4llpUvKq8 #ASD #ADHD
【今日の論文紹介2】 『腸内細菌と自閉症スペクトラム障害』 腸内細菌叢移植で自閉症症状が緩和したっていう海外の研究も紹介されている。 関連領域の研究は始まったばかりっぽいので解釈は慎重に。 脳腸相関と関係ある? #ASD #発達障害 https://t.co/VvpZYarmlN

収集済み URL リスト