著者
竹中 信義 平川 昭彦 加納 秀記 津田 雅庸 武山 直志 服部 友紀
出版者
一般社団法人 日本臨床救急医学会
雑誌
日本臨床救急医学会雑誌 (ISSN:13450581)
巻号頁・発行日
vol.20, no.5, pp.672-677, 2017-10-31 (Released:2017-10-31)
参考文献数
10

トラベルミン®は中枢性制吐薬および鎮暈薬として市販されており,成分は抗ヒスタミン薬のジフェンヒドラミンサリチル酸塩とキサンチン誘導体のジプロフィリンである。今回,致死量を超える量を内服した急性中毒例を経験した。症例:24歳男性。発熱,不穏状態のため当院に搬送され,口腔内乾燥,瞳孔散大,白血球高値,横紋筋融解を認めた。頭部CT,髄液検査,トライエージDOA®では異常所見を認めず,原因不明の意識障害として人工呼吸,血液浄化などの集中治療を行った。第2病日には意識清明となり,本人より市販のトラベルミン®を100錠内服したことを聴取した。その後,腎不全に陥ったが改善し第17病日に軽快退院となった。トラベルミン® による中毒例の報告は現在までに多くないが,近年インターネットの自殺サイトなどで服薬自殺が可能な薬剤として紹介されており,誰でも容易に購入可能であるため今後増加してくる可能性があり,中毒症状および治療法についての十分な認識が重要である。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (11 users, 13 posts, 10 favorites)

https://t.co/6e3Bg8Lxzm
https://t.co/VzGbLGlT5I 「ジフェンヒドラミンのヒトでの致死量は 40mg/kg で,致死量以上を摂取した場合,呼吸停止,不整脈, 痙攣,肺水腫のため 2 〜 18 時間で死に至ると報告さ れている」って書い… https://t.co/O4Jv1zk6U1
酔い止めのトラベルミン100錠服用マン。致死量を超えて飲み発見も3日後だったが死ねなかった。トラベルミンは市販薬なので比較的集めやすいだろうし、この人はこの人なりに頑張ったんだろう。 https://t.co/CAt9uvOU8B https://t.co/2UBbdIWZXO
https://t.co/hTprvpED33

収集済み URL リスト