著者
田辺 和俊 鈴木 孝弘
出版者
情報知識学会
雑誌
情報知識学会誌 (ISSN:09171436)
巻号頁・発行日
vol.29, no.3, pp.247-267, 2019-10-15 (Released:2019-11-15)
参考文献数
93

近年のわが国の重大社会問題の一つである自殺には地域差が存在するため,都道府県別の自殺死亡率に有意な影響を与える要因の解明を目的とする実証研究を試みた.47都道府県の男女別年齢調整自殺死亡率を目的変数,それとの関連が推測される健康,経済,社会,自然分野の指標54種を説明変数としてサポートベクター回帰分析を行い,自殺死亡率に対する決定要因を探索し,その相対的影響度を推定した.その結果,男女別にそれぞれ12種の要因が得られ,男性では精神保健福祉士数,家計収入,患者数などの要因,女性では悩み相談,出生率,残業時間などの要因の影響が大きいことを見出した。また,これまで未検証の精神保健福祉士数や残業時間,精神状態が有意の影響を与えるが,自殺率との関係が深いとされてきた失業率や離婚率は決定要因にはならなかった.さらに,自殺率が最も高い秋田県について決定要因の結果に基づき自殺対策の提言を試みた.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (2 users, 4 posts, 0 favorites)

"自殺率の要因分析を行った先行研究では,目的変数と説明変数の間に線形性を仮定する線形回帰分析(OLS)が頻用されてきたが,回帰決定係数が一般に低い.これは多くの社会経済指標間にはKuznets曲線のような非線形関係がある指標が多いからと考えられている." https://t.co/iNuJdVpMur
"自殺率の要因分析を行った先行研究では,目的変数と説明変数の間に線形性を仮定する線形回帰分析(OLS)が頻用されてきたが,回帰決定係数が一般に低い.これは多くの社会経済指標間にはKuznets曲線のような非線形関係がある指標が多いからと考えられている." https://t.co/iNuJdVpMur
"自殺率の要因分析を行った先行研究では,目的変数と説明変数の間に線形性を仮定する線形回帰分析(OLS)が頻用されてきたが,回帰決定係数が一般に低い.これは多くの社会経済指標間にはKuznets曲線のような非線形関係がある指標が多いからと考えられている." https://t.co/iNuJdVpMur
"自殺率の要因分析を行った先行研究では,目的変数と説明変数の間に線形性を仮定する線形回帰分析(OLS)が頻用されてきたが,回帰決定係数が一般に低い.これは多くの社会経済指標間にはKuznets曲線のような非線形関係がある指標が多いからと考えられている." https://t.co/iACBrYJ94W

収集済み URL リスト