著者
吉田 祐子 矢野 理香
出版者
日本看護技術学会
雑誌
日本看護技術学会誌 (ISSN:13495429)
巻号頁・発行日
vol.13, no.2, pp.140-147, 2014-08-20 (Released:2016-06-06)
参考文献数
34

本研究の目的は,皮下注射施行前の皮膚消毒の必要性に関する先行研究の内容と動向を明らかにし,今後の課題を検討することである.Cooperの統合的文献レビューの方法を参考に文献検討を行った.PubMed,CINAHL,医学中央雑誌web版で,「注射」,「消毒」,「インスリン自己注射」,「糖尿病」,「インスリン」をキーワードとし,文献検索を行った結果,7件の国内文献と13件の海外文献が分析対象となった.その結果,国内の研究は7件中6件が実態調査であった.日本では,皮膚消毒の実施率は高い傾向にあり,実施の有無には医療者の指導方針が関連すると推測された.海外では,皮下注射前の皮膚消毒と感染の関連性がないことが検証され皮膚消毒を強く推奨していなかった.しかし,消毒不要の適応範囲は曖昧であり,今後,皮膚消毒を省略できる対象者の特性や条件を明らかにする必要がある.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (6 users, 6 posts, 0 favorites)

注射前の皮膚消毒、実は無意味だったのか! 知らなかった。。慣習とは恐ろしい。   ここまで慣れ親しまれた作業を変えるには、患者さんに対してかなりの周知徹底が必要だろうけど、医療費削減はこういったところから行っていく必要がありそう。… https://t.co/7N0nmA6yFM
@happy_kohaku @fuwa_fuwa_1218 この辺りが参考になります。 https://t.co/2wjmEj6FkQ

収集済み URL リスト