著者
木内 正人 大嶋 一矢 山本 英男 松村 記代子
雑誌
日本デザイン学会研究発表大会概要集
巻号頁・発行日
vol.61, 2014 (Released:2014-07-04)

「紙幣らしさ」が備わる模様は、肖像、唐草模様、彩紋(さいもん)模様が代表的なデザイン要素である。しかし、紙幣のデザインは他にも重要なデザイン要素を備えている。それは紙幣に用いられている書体である。日本の紙幣(正しくは日本銀行券)において、日本銀行などの発行主体、額面金額、記番号、印章などが印刷され、それらの文字は一般国民に理解され、読みやすさ、使いやすさをもって付与されている。特に重要とされるのが「大蔵隷書」と呼ばれる書体である。「大蔵隷書」は書体名としての認知度も低く、それに関わる具体的な資料、文献もほとんどない。しかし、今日の紙幣に使われていることから、生活環境の中で誰もが目にする機会も多く、潜在意識的に広く認知できている書体ともいえる。そこで本研究では、日本の紙幣における伝統書体として「大蔵隷書」が果たしてきた役割について、紙幣デザインの歴史的変遷で説明する。

言及状況

Facebook (1 users, 1 posts)

また新聞サイトのネタだが、紙幣専用の「大蔵隷書」という書体があるという話が載っていた。寡聞にして知らなかったので、参考論文をシェアしておきます。たぶん、皆さんご存じなんだと思うけど。https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssd/61/0/61_31/_pdf

はてなブックマーク (9 users, 9 posts)

[jst][bank-of-japan][currency][fonts][design]
[あとで読む][デザイン][書体][typography]
[money][typography][design]

Twitter (20 users, 20 posts, 27 favorites)

科学技術振興機構に「紙幣における伝統書体の研究」っていう論文があった。他にもあるかもしれない。 https://t.co/p1Tvh6C9Pk
お札と切手の博物館がとても面白かったよ。みんなも行くといい。 紙幣における伝統書体の研究 https://t.co/OSagUGuk32
紙幣における伝統書体の研究 http://t.co/1SFbsaESR2
紙幣における伝統書体の研究 http://t.co/08vbMNJNSa
“大蔵隷書” / “紙幣における伝統書体の研究” http://t.co/Tz1hHWXzNB
紙幣における伝統書体の研究 https://t.co/kJAblVgQf3
紙幣における伝統書体の研究 http://t.co/U3fclLAK9F
“紙幣における伝統書体の研究” http://t.co/ZWx2ltLrYm #書体
紙幣における伝統書体の研究 http://t.co/4m7ZSI9nyN
[きょうのPDF]「紙幣における伝統書体の研究」(木内正人, 大嶋一矢, 山本英男, 松村記代子、日本デザイン学会研究発表大会概要集)https://t.co/AXTfVhoPPZ Facebookで教えて戴いた、日本の紙幣デザインにおける伝統書体「大蔵隷書」に関する文献

収集済み URL リスト

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssd/61/0/61_31/_article/-char/ja/ (28)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssd/61/0/61_31/_pdf (2)