著者
小澤 義博
出版者
獣医疫学会
雑誌
獣医疫学雑誌 (ISSN:13432583)
巻号頁・発行日
vol.17, no.2, pp.132-137, 2013-12-20 (Released:2014-07-01)
参考文献数
8
被引用文献数
1

Rabies situation in different parts of the world is reviewed with emphasis on wildlife rabies. Measures required for the prevention and control of wildlife rabies are listed, and it is stressed that the Ministry of Environment should play a major role in planning and implementing programs related to surveillance and control of wildlife rabies. It is also suggested that veterinary schools and the wildlife research institutes in Japan could form a group to carry out various research and investigations on the subjects related to the surveillance and control of wildlife rabies both in Japan and in the neighboring countries.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (365 users, 365 posts, 334 favorites)

日本では(犬以外の)野生動物の狂犬病の感染防止、監視が十分でないため、狂犬病ウイルスが野生動物に感染していない・侵入していないかを完全に保証はできない。台湾では2013年に出処不明の狂犬病がイタチアナグマ130匹に発見され、同年清浄国認定から除外されている。 https://t.co/Zbm2jLWihb
狂犬病清浄国っていっても、野生の哺乳動物は基本的に感染してるもんだと思った方がよいぞ。日本の場合野生型狂犬病への対策は進んでないし、都市型狂犬病にしても飼い犬の予防注射義務の履行率は4割程度におちてるからね… https://t.co/nNoeqa6lNV
狂犬病、全ての哺乳類が感染するのが厄介なんですよね…名前のせいで犬の病気だと思われているのがまた厄介で…清浄国となって長過ぎたせいか、人間も感染することを知らない人もいたりするのが更にこう。 https://t.co/JHMrmbzf9L https://t.co/1u0dgu4uOF
@maricore_sade 参考>先進諸国における都市型の狂犬病が制覇され,近年欧米の狂犬病対策の主体は,野生動物狂犬病の撲滅運動に集中してきている。しかし森林型の野生動物による被害は,森林周辺の牛や羊などの家畜に多くみられるが,人が噛まれるリスクは比較的少ない。https://t.co/hXFzpvoapC
@39dayzero 洗浄国以外が中心ですが、こちらの論文を起点にいくつか検索できますね。 https://t.co/MA5t1fbwky

Wikipedia (1 pages, 1 posts, 1 contributors)

編集者: 流山隆一
2020-08-17 12:34:13 の編集で削除されたか、リンク先が変更された可能性があります。

収集済み URL リスト