著者
荒木 裕子 山本 直子 上浦 沙友里 江本 彩乃 丸井 正樹
出版者
The Japan Society of Home Economics
巻号頁・発行日
2015 (Released:2015-07-15)

【目的】ネームはタイ北部で生産される伝統的な発酵ソーセージである。その製法は、新鮮な豚肉に食塩、にんにく、唐辛子、糯米飯を入れ常温で数日間発酵させて製造する。ネームは乳酸発酵により、pHが低下し、微生物の増殖が抑制され、完成したネームは適度に酸味があり、生食する人もいる。近年、日本でも製造され、市販品も見られるが、我が国ではネームに関する研究が少なく、安全性の検討もされていない。本研究ではネームを作製し、細菌叢の変化やpHの変化を経時的に調査した。【方法】試験試料として1)ネームパウダー添加区2)ネームパウダー無添加区 3)ネームパウダー、にんにく、唐辛子無添加区の3種のネームを調製した。調製開始から完成までの4日間、24時間毎に採取して実験試料とした。細菌の測定では、一般生菌数、大腸菌群の測定、乳酸菌の測定をおこない、pHの測定も実施した。【結果】ネームパウダー添加区では、ネームパウダーの主成分である無水グルコン酸により、調製後即時にpHの低下が見られ、細菌の増殖も抑制されていた。2)、3)の製法では、発酵1日目では大腸菌群が確認された。しかし、発酵の進行に伴い乳酸菌数が増加し、pHも低下した。それに伴い大腸菌群数が極めて減少した。ネームは製造手法により、発酵中の細菌叢や細菌数に差が見られたが、発酵完了時では全試料でpH低下がみられた。発酵により、ネーム本来の酸味と旨みが生じ、安全性も付加されることが示唆された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (4 users, 4 posts, 1 favorites)

ネームに関しての論文あった。発酵で大腸菌群とか抑えられるのね。 /タイの伝統的な発酵ソーセージ(ネーム)の細菌叢について https://t.co/pnuFstqVzj
@polarursamajor 乳酸発酵させて菌を抑制してるのです。沖漬けや塩辛みたいなもんで。 https://t.co/MsIB3sFEhF
@djseiru https://t.co/OlKl8QnnH9 それ以外でも学会で発表されててなんか納得しましたw
これを見る限りネームパウダーを使えば大腸菌群は大丈夫なのか・・・・ https://t.co/HFcPLaMFaj

収集済み URL リスト