著者
今井 康雄
出版者
一般社団法人 日本教育学会
雑誌
教育学研究 (ISSN:03873161)
巻号頁・発行日
vol.82, no.2, pp.188-201, 2015 (Released:2016-05-18)
参考文献数
42
被引用文献数
1 or 0

エビデンスに基づくことで教育は劇的に改善されるとする主張が興隆しているが、教育の領域でエビデンスはその証拠能力に依拠する限り無力であり、エビデンスの威力はそのレトリック的効果に由来する。エビデンス批判もこのレトリック的効果に目を向けており、教育を支えるに足るエビデンスの可能性は真剣に考慮されていない。「エビデンスに基づく医療」の状況を検討し、エビデンスの概念史を再構成することを通して、エビデンスは教育を支えるのか、それともその基盤を掘り崩すのか、といった二者択一には収まらない、エビデンスと教育の複雑な関係が浮き彫りになる。

言及状況

外部データベース (DOI)

はてなブックマーク (1 users, 1 posts)

[favorite][science][health][education][method][policy]

Twitter (5 users, 6 posts, 5 favorites)

今のはこのへんの話だったか?一応メモ。 https://t.co/0aWDozAZRG #jtsj
実験の結果数学的論証であれ、それを是として受け入れるのはそれが「腑に落ち」たり「納得」 できたりする具体的なわれわれ。フッサールはこうした明証性の基盤を「生活世界 」という概念で捉え直した。https://t.co/XvujY9lJtL
今井 康雄 (2015) _教育学研究_ 82(2):188-201 / “教育にとってエビデンスとは何か—エビデンス批判をこえて—” https://t.co/OjIh6LG569 #education #policy
https://t.co/khsqHqdp4R を読む限りでは、そういう話ではなく、単に専門家の業界内の都合っぽい。医学と教育学との間にはさほどのちがいはなく、しいていえば、医学のほうが「強固なエビデンスを手にしていると思える」という点だけか。

収集済み URL リスト