著者
谷口 正実
出版者
一般社団法人 日本内科学会
雑誌
日本内科学会雑誌 (ISSN:00215384)
巻号頁・発行日
vol.102, no.6, pp.1426-1432, 2013-06-10 (Released:2014-06-10)
参考文献数
20
被引用文献数
1 or 0

・アスピリンに対するアレルギーではなく,COX1阻害作用を持つNSAIDsにより,強い気道症状を呈する不耐症であるが,選択的COX2阻害薬は安全に使用できる.・成人喘息の約5~10%を占め,男女比は1:2で小児ではまれである.・ほとんどの症例で好酸球性鼻茸を合併し,近年では好酸球性中耳炎や胃腸症,異型狭心症の合併が増加している.・通常のアレルギー学的検査では診断不能で,問診(NSAIDs使用歴,嗅覚低下,鼻茸手術歴の確認)が重要であり,確定診断には内服試験が必要である.・静注用ステロイドの急速静注は禁忌であり,NSAIDs誘発時にはエピネフリンが奏効する.

言及状況

外部データベース (DOI)

Yahoo!知恵袋 (1 users, 1 posts)

ロキソニンなどのエヌセイズと呼ばれる鎮痛剤では、逆に喘息発作が起こると思います。 アスピリン喘息や不耐性があるので… (もちろん喘息患者全員ではなく、1割程度ですが) こちらをご覧ください。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/102/6/102_1426/_pdf

Twitter (12 users, 14 posts, 14 favorites)

4.アスピリン喘息(NSAIDs過敏喘息) https://t.co/G07S4HUGOy
@uribou410これがアスピリン喘息の最新の情報かも? 一読あれ。。。 https://t.co/RpdOQ2Ci9Z
@nanasidukihisui アスピリン喘息全般的な解説。 http://t.co/mFou9NkieO

収集済み URL リスト