著者
幾石 尚美 塚原 裕 福田 直子 鈴木 絢子 神田 理恵子 川村 良 橋村 尚彦 中村 亜矢子 土子 綾
出版者
日本大学医学会
雑誌
日大医学雑誌 (ISSN:00290424)
巻号頁・発行日
vol.73, no.1, pp.31-35, 2014-02-01 (Released:2015-05-22)
参考文献数
18

本症例は子宮頸部高度異形成の術前診断であったが,年齢と根治性を考え子宮全摘術を行った.病理診断は子宮頸部上皮内がんで切除断端は陰性であった.しかし術後4 か月目に腟断端部に異型細胞を認めた.その原因には術前から長期間認めていたハイリスク型ヒトパピローマウィルス human papillomavirus (HPV) 感染が強く考えられ,術後の定期的なエストリオール錠の腟内投与にて異型細胞が著明に減少した.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (1 users, 1 posts, 0 favorites)

子宮筋腫の変性による子宮全摘手術から、丸5年。 https://t.co/JPa67pJNhh 子宮全摘後の膣断端離開により小腸脱出をきたした2例 https://t.co/GMu2601fbJ 「子宮頸部上皮内がんの一例」って、… https://t.co/mw6XiedRce

収集済み URL リスト