著者
内田 龍史
出版者
数理社会学会
雑誌
理論と方法 (ISSN:09131442)
巻号頁・発行日
vol.22, no.2, pp.139-153, 2007-10-31 (Released:2008-01-08)
参考文献数
25
被引用文献数
3

近年、フリーターの増加が社会問題となっているが、学校から職業への「移行」(Transition)に関する研究からは、性別では女性が、また、学歴・家庭背景などが相対的に低い状況にある若者がフリーターになりやすいことが指摘されている。しかし、若者のフリーター「選択」に影響を与える要因についての量的な検討は多くはない。 本論文は、フリーター選択と近年着目されている社会的ネットワークとの関係に着目し、高校3年生を対象とした質問紙調査から、限定された社会的ネットワークがフリーター選択に影響を与えているかどうかについて検討を行った。その結果、高校生のネットワーク構造は「安定・ホワイトカラー」「不安定・ブルーカラー」ネットワークの2つに分類され、「安定・ホワイトカラー」ネットワークに組み込まれている高校生はフリーターを選択せず、逆に「不安定・ブルーカラー」ネットワークに組み込まれている高校生はフリーターを選択する傾向が見られた。高校生が組み込まれている社会的ネットワークの存在が、若者たちの進路分化に影響を与えていることが示唆されたのである。

言及状況

外部データベース (DOI)

Google+ (2 users, 2 posts)

「うちら」の世界の件、次々と関連エントリがあがってきますね。例えばこちら↓。  低学歴と高学歴の世界の溝 http://anond.hatelabo.jp/20130809115823   こういう文章を読んですぐに思い出すのは、高卒と大卒との間に行動、意識、文化においてはっきりした断絶があるという吉川徹さんの「学歴分断社会」論。   http://www.amazon.co.jp/dp/ ...
「うちら」の世界の件、次々と関連エントリがあがってきますね。例えばこちら↓。  低学歴と高学歴の世界の溝 http://anond.hatelabo.jp/20130809115823   こういう文章を読んですぐに思い出すのは、高卒と大卒との間に行動、意識、文化においてはっきりした断絶があるという吉川徹さんの「学歴分断社会」論。   http://www.amazon.co.jp/dp/ ...

Twitter (27 users, 30 posts, 25 favorites)

当該記事の信憑性はさておき、論じられている違いは都市度というよりも(結果としてはそれもあろうが)パーソナルネットワークの構成によるものではないか。例えば内田龍史さんの「強い紐帯の弱さと強さ」(部落解放・人権研究所編『排除される若者… https://t.co/Wu4FMReHSQ
フリーター選択と社会的ネットワーク http://t.co/KfVnt5MrGx 高校生が組み込まれている社会的ネットワークの存在が、若者たちの進路分化に影響を与えていることが示唆された
RT @tasano 準拠集団と階層分化との関係については内田龍史さんのお仕事とか。http://t.co/bdmZgmQc97 意識や行動の違いは…大卒の中でもひろがっているかもしれないという話については居神浩さんたちのお仕事とか。http://t.co/CZMEktZeGA
準拠集団のあり方と階層分化との関係については下記の内田龍史さんのお仕事とか。 http://t.co/Sqb8X59JRZ
「フリーター選択と社会的ネットワーク ―高校3年生に対する進路意識調査から―」 http://t.co/oPsh6xHJ
「フリーター選択と社会的ネットワーク ―高校3年生に対する進路意識調査から―」http://t.co/oPsh6xHJ
「フリーター選択と社会的ネットワーク ―高校3年生に対する進路意識調査から―」http://t.co/oPsh6xHJ

収集済み URL リスト