著者
安田 大典 久保 高明 益満 美寿 岩下 佳弘 渡邊 智 石澤 太市 綱川 光男 谷野 伸吾 飯山 準一
出版者
一般社団法人 日本温泉気候物理医学会
雑誌
日本温泉気候物理医学会雑誌 (ISSN:00290343)
巻号頁・発行日
vol.78, no.4, pp.341-352, 2015-10-27 (Released:2015-11-12)
参考文献数
28
被引用文献数
1

目的:本研究の目的は、大学生の入浴スタイルの違いが、睡眠と作業効率に及ぼす影響を検討すること。さらに、保温増強が作業効率に及ぼす影響を検討することである。方法:対象は、普段シャワー浴のみの健常学生18名とした(19.6±0.7歳、平均年齢±SD)。41°Cの浴槽に肩まで浸漬し10分間入浴する群(保温無群:BB)と、入浴後に保温シートと寝袋にて身体を被覆し30分間保温する群(保温群:BBW)について、各々を2週間で実施するcrossover研究を行った。なおWash-out(シャワー浴)期間は2週間とし、平成24年11月〜12月の6週間実施した。測定した項目は、起床時の起床時睡眠感(Oguri-Shirakawa-Azumi sleep inventory MA version; OSA-MA)、主観的入浴効果(Visual Analog Scale; VAS)、作業効率検査(パデューペグボードのアセンブリー課題)の3項目について測定を実施した。起床時の主観的評価は6週間毎朝記載してもらった。作業効率検査は2週間ごとに4回行った。結果:OSA-MAのBBおよびBBWは、シャワー浴と比較して有意差はなかった。VASの結果は、BBおよびBBWは、シャワー浴と比較して、熟睡感、身体疲労感、身体の軽快感が有意に高値を示した。パデューペグボードテストは、BBおよびBBWはシャワー浴に比べて有意に高値を示した。考察:シャワー浴からバスタブ浴へ入浴スタイルを変えることで睡眠の質が良好となり疲労回復がなされ、その結果、パデューペグボードの作業効率が向上したと考えられる。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (8 users, 8 posts, 17 favorites)

バスタブ浴が、睡眠の質を有意に上げることで、作業効率を高めた てきな報告も... https://t.co/PxfxWNxPeq
疲れが溜まってる時はシャワー浴より、10分以上の肩まで浸かる入浴の方が熟眠感の向上、身体疲労感の軽減、身体の軽快感は増加するようですね。疲れが溜まってる方は一度10分以上の入浴をしてみてはいかがでしょうか? https://t.co/uydLURpxCz
シャワー浴と比較して、バスタブ浴は熟睡感、身体疲労感、身体の軽快感が有意に高値を示 した。 シャワー浴からバスタブ浴への行動変容が睡眠と作業効率に及ぼす効果について https://t.co/xIyp8dKIpd
一人暮らし勢は湯船は難しいやろうけど、過密日程のときとかやったら限定的に行ってもいいかも
シャワー浴とバスタブ浴との比較研究。 「シャワー浴と比較して、バスタブ浴は熟睡感、身体疲労感、身体の軽快感が有意に高値を示した」 年末年始でスーパー銭湯でも行ってこよ。 https://t.co/4YJRT9eX8o

収集済み URL リスト