著者
砂田 安秀 甲田 宗良 伊藤 義徳 杉浦 義典
出版者
日本パーソナリティ心理学会
雑誌
パーソナリティ研究 (ISSN:13488406)
巻号頁・発行日
vol.26, no.3, pp.253-262, 2018-03-01 (Released:2018-03-06)
参考文献数
25

本研究では,約半数のADHDの成人に併発する症状である成人のSCT症状を測定する尺度を開発し,妥当性を検討した。この新たな尺度の狙いは,既存の尺度の項目が抑うつと類似しているために抑うつとの弁別性が乏しい問題を克服することであった。文献のレビューによってSCT項目が選定され,専門家によって内容的妥当性の検討が行われた。これらの項目は抑うつ気分でないときの状況について回答されるものであった。大学生471名が質問紙に回答し,因子分析によって項目の選定が行われた。ジョイント因子分析によって,本SCT尺度は抑うつからの十分な弁別性を有していることが示された。最終的なSCT尺度(9項目)は,収束的妥当性,弁別的妥当性,内的一貫性の高さが示された。

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (7 users, 7 posts, 7 favorites)

@Q_SA_I 承前) 先ほど調べたら、国内にもありました。(続 https://t.co/Q3wAvBUv7z https://t.co/wiQD9B04YG
https://t.co/3Uf5aSlgk4
この論文だとADHDとSCTの併存は可能という前提で話が進んでいるが…それはさておき、SCTと不安・抑うつの関係は結構はっきりしてきておkり、ADHDが抑えられてもSCT故に抑うつ・不安になるというのは厄介だな https://t.co/RWKbUP1nfK
SCT(Sluggish Cognitive Tempo)について日本語のレポート出てた。 めちゃくちゃ当てはまってるし興味はあるんだけど、治療法も介入方法も不明だから何とも。 「ADHD併存症状であるSluggish Cognitive Tempoの成人版尺度の開発――抑うつとの弁別を目的として」 https://t.co/8XbpGVGHXf
J-STAGE Articles - ADHD併存症状であるSluggish Cognitive Tempoの成人版尺度の開発 https://t.co/uWt7i14lSF

収集済み URL リスト