著者
吉住 隆弘
出版者
日本パーソナリティ心理学会
雑誌
パーソナリティ研究 (ISSN:13488406)
巻号頁・発行日
vol.27, no.3, pp.249-251, 2019-03-01 (Released:2019-03-12)
参考文献数
13
被引用文献数
1

The purpose of the study was to focus on the prejudice toward people receiving welfare and to identify the psychological factors related to such prejudice. Participants included 193 university students (104 male and 89 female, M = 19.5 years). Links among the participants’ self-esteem, nationalism, perspective taking, and prejudice toward people receiving welfare were examined. Multiple regression analysis revealed that prejudice was positively related to nationalism and negatively related to perspective taking. Implications for mitigating criticism toward people receiving welfare are discussed.

言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (5 users, 5 posts, 1 favorites)

https://t.co/wH64YlLUKN 生活保護に対する意識の男女差が分かりそうな研究なのですが、「性別」の定義がない。男女どちらかが、もう一方よりも生活保護に対して厳しい、ということしか読み取れないのが残念。
いつか作りたいと思っていた尺度にとても近い尺度が存在していた。 「生活保護受給者への偏見尺度」(吉住, 2019:生活保護受給者への偏見に関連する心理学的要因) https://t.co/RuxAdBtC1E
#1日1論文 今日の1日1論文はギリギリ滑り込みセーフ! ちゃんと紹介するんにゅよ。汗 「生活保護受給者への偏見に関連する心理学的要因の検討」 吉住 隆弘 https://t.co/3vYkb2dAQi 国家主義は生活保護受給者への偏見と関連するのか? 政治のお勉強んにゅねぇ(やや困る)

収集済み URL リスト