言及状況

外部データベース (DOI)

Twitter (29 users, 51 posts, 18 favorites)

#NoNUKE 海産生物と放射能 特に海産魚中の137Cs濃度に影響を与える要因について 笠松不二男 RADIOISOTOPES https://t.co/GGmhZ9WFee
続き)ヒラメのCs-137の生物学的半減期(出典:笠松 不二男「海産生物と放射能」) https://t.co/VunD4Cw7S9 https://t.co/jlCjMJwJ50
続き)一方、笠松論文 https://t.co/VunD4Cw7S9 によれば、ヒラメ成魚のCs-137の「生物学的半減期」は、約1ヶ月となっている。餌を通した継続的な汚染の影響により、それが8倍に引き延ばされたわけだ。(その影響も、現在ではかなり低いレベルとなっている。)
海産生物と放射脳・特に海産魚中のセシウム137濃度に影響を与える原因について/笠松不二男(海洋生物環境研究所)https://t.co/rcCKN4R15X
RADIOISOPTOPES 1999:48(4) 266-282 http://t.co/LDCsYaXghHで論じている海産魚のCs137濃縮係数(体内濃度/海水中濃度)が10何倍だの何10倍だのと言っても、海水中濃度の実数値は1桁mBq/L。体内濃度の実数値は小数点以下。
AERAの記事http://t.co/kijpJHxSqC 中で引用の故・笠松不二男氏の1999年の論文はこれhttp://t.co/LDCsYaXghH RADIOISOPTOPES 48(4) 266-282. 氏の他の論文はここhttp://t.co/3uZ5LqPgZy
笠松不二男(財団法人海洋生物環境研究所)「海産生物と放射能:特に海産魚中の137Cs濃度に影響を与える要因について」、『RADIOISOTOPES』(日本アイソトープ協会)、48号、pp.266-282、1999年。https://t.co/gB73ble9Mo(全文PDF)
海産生物と放射能―特に海産魚中の137Cs濃度に影響を与える要因について 笠松不二男 1999 https://t.co/WY0TaG8Asj (これ、Slight Brightさんのtogetterで紹介されてたものですね)
@Slight_Bright 有難うございます、笠松論文とはこちらでしたかhttp://t.co/aqHF8ZyzbP RADIOISOTOPES誌のバックナンバーがここhttp://t.co/pvbYY9MTdz で無料で読めるのですね@shanghai_ii
実際に飼ってる研究って(大変だから)少ないみたいですね。まずは笠松論文 https://t.co/RenlVPvb を読むべきかと。 @T2HKG 魚(特に海の)って仮に水だけが汚染源だとしたら、どれくらいの濃度にどれくらいの期間居たらどれだけ影響を受けるとかって研究
@audmi 先の新潟のPDF内にも引用されてる様ですが、いわゆる笠松論文 https://t.co/Dg75P2eo って、ご存知ですか?基本的にチェルノブイリ後のデータを網羅した日本語総説です。シラスに限らずどう言う状況だったか、興味深いですよ。
八戸のマダラ何でだろう?’99年の総説、笠松論文 https://t.co/5cskUSej (PDF)では、マダラの濃縮係数は77±24か(もっとも、絶対値は1Bq/kg未満と低いけど)。図6から成魚ほど大型魚をエサにし、図5重量と濃縮係数に正の相関があり、エサの影響大だけど。
海水魚の137Csの生物学的半減期は、笠松論文(1999年) http://t.co/EuEujdQ0 によると、スズキで50~80日、クロソイで50~55日、ヒラメで20~30日程度となっている。 http://t.co/Yzzh85bt

収集済み URL リスト

https://www.jstage.jst.go.jp/article/radioisotopes1952/48/4/48_4_266/_pdf (19)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/radioisotopes1952/48/4/48_4_266/_article/-char/ja/ (11)

https://www.jstage.jst.go.jp/article/radioisotopes1952/48/4/48_4_266/_article (2)